黒マッチョニュース黒マッチョニュース
黒マッチョニュースの記事一覧

韓国を笑えぬ日本の「黒歴史」 朴大統領罷免で機能不全だが、日本も4年前は…


17年03月11日 16:00

1 名前:雪崩式ブレーンバスター(catv?)@\(^o^)/ [DE]:2017/03/11(土) 09:20:00.00 ID:HiKSZ4kt0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典


■「悪夢」の民主政権

 わずか4年ちょっと前までは民主党(現民進党)政権だったことを思い返したい。
当時、日本外交がいかに世界で軽視され、笑いものとされていたかを-。

 「日本は米国の同盟国だというが、本当にそうか」

 野田佳彦政権時代の平成24年2月、外務省高官は米紙ワシントン・ポストの著名コラムニスト、アル・カーメン氏にこんな屈辱的な疑問をぶつけられた。
カーメン氏は、鳩山由紀夫元首相に「ルーピー(愚か者)」というあだ名を付けた人物である。

 鳩山氏は首相当時、意味不明の東アジア共同体構想を唱え、インド洋での海上自衛隊による補給活動を完全にやめてテロとの戦いから離脱してしまった。

 また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題でオバマ米大統領(当時)に「トラスト・ミー(私を信頼してくれ)」と大見えを切った揚げ句に迷走して問題をこじらせた。

このころ、民主党の小沢一郎幹事長は日米関係と日中関係を同列に扱う「日米中正三角形論」を唱え、
天皇陛下と習近平中国国家副主席(当時)の会見を強引にセットし、600人規模の大訪問団を率いて訪中して米国をあきれさせた。

 ■後退した領土外交

 「基地問題はもうどうにもならない。タッチしたくない。もう沖縄は独立したほうがいい」

 次の首相の菅直人氏は副総理時代にこんな無責任な発言(喜納昌吉元参院議員著『沖縄の自己決定権』)をしていた人物である。

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりした事件では、中国側の強硬姿勢に白旗を上げた。
勾留期限を待たずに中国人船長を超法規的に釈放した上で、責任を那覇地検に全てなすりつけた。

 「民主党政権の3年間で、日本の領土外交は本当に後退してしまった」

 「米国は以前とは違い、日本を韓国と同程度の国として扱うようになった」

 民主党政権当時、別の外務省高官からはこんな愚痴を聞いた。
ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問も、韓国の李明博大統領の竹島(島根県隠岐の島町)上陸も、菅政権から野田政権にかけて起きた。

韓国を笑えぬ日本外交「黒歴史」 朴大統領罷免で機能不全だが、日本も4年前は
http://www.sankei.com/premium/news/170311/prm1703110037-n1.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1489191600
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:80)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.