哲学ニュースnwk哲学ニュースnwk
哲学ニュースnwkの記事一覧

初対面でいくら相手に切り込めるかで、その後の印象が違ってくる。


17年03月10日 22:30

1: タイガードライバー(秋田県)@\(^o^)/ [US] 2017/03/10(金) 09:18:18.74 ID:cB3QB53q0 BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
初対面の印象がその後の人間関係を左右することは多いものだ。見た目で「感じのいい人だ」と思うと、その人の話していることまでが好意的に受け止められる。
『一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?』の著者でもあるイメージコンサルタントの中井信之氏は「相手に受け入れてもらうためには、
清潔感のあるベーシックな服装が一番」と助言する。
おすすめは、無地あるいはストライプの紺色のスーツに同系色のネクタイ。ワイシャツも白が基本。ボタンダウンはカジュアルに見えるのでNGだ。
新品を身につけるのも、着心地が悪く落ち着かなくなるため避けたい。

話すときの態度も爽やかさや落ち着きを見せることが大事だ。初対面のときは馴れ馴れしいと思われるので、スーツの前ボタンを締めたままにしておく。
会話中にスマホの着信音が鳴りだすのはもってのほか。部屋の暖房が利きすぎて暑いことも想定し、汗をぬぐうための白いハンカチは必携だ。
相手の話すスピードやリズムに合わせるのも、好印象を持たれる手法だ。ゆっくりしゃべる人にはこちらの話すペースも落とし、せっかちにしゃべる人には
キビキビと対応するのがいいだろう。
http://president.jp/articles/-/21457
【閲覧注意】世界一ヤバイ殺人鬼って誰なの?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4722183.html
初対面
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:141)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.