痛いニュース痛いニュース
痛いニュースの記事一覧

【消費増税対策】 コンビニ店外のベンチで食べても「イートイン」。軽減税率の対象外…国税庁


18年11月06日 20:04

1 名前:記憶たどり。 ★:2018/11/06(火) 16:29:05.11 ID:CAP_USER9
12019年10月の消費税率10%への引き上げと同時に導入される軽減税率を巡り、国税庁は、コンビニエンスストアやスーパーの店先に設置されたベンチも店内の飲食スペース「イートイン」と同じ扱いにする方針だ。飲食料品を購入した客が、会計の際にベンチで食べると答えた場合は「外食」扱いになり、10%の税率を課す。税率を8%に据え置く軽減税率の対象にはならない。

店内に飲食スペースがあるコンビニなどで、客が店内飲食の意思を示した場合、軽減税率の対象外だ。

ただ、店内に飲食スペースがなくても、店の外にベンチなどが設置され、実際には飲食スペースとして利用されているコンビニも多い。特に地方や郊外では、駐車場にベンチなどを置く店舗が増えており、扱いを明確にするように求める声がコンビニ業界から出ていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00050068-yom-bus_all
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:195)関連記事
【消費増税】コンビニ店外のベンチで食べても「イートイン」 軽減税率の対象外
【消費増税】安倍首相「リーマン・ショック級の出来事がない限り予定通り行う」
【消費増税】政府、景気対策の商品券にマイナンバーカードを活用するかもしれない
【消費増税】日本政府、カード手数料引き下げ要請へ 増税分の2%をポイントで還元
【消費増税】麻生財務相「今回は間違いなくやれる状況になってきている」
【消費増税対策】「プレミアム付き商品券」にマイナンバーカードの活用を提言 カード保有率の拡大狙う
【消費増税対策】「実際に何をしたら良いのかわからない」キャッシュレス、商品券、セール…「消費税還元」にみんな大混乱
【消費増税対策】コンビニの店外のベンチで食べても「イートイン」 軽減税率の対象外
【消費増税対策】住宅ローン減税を拡充 すまい給付金も拡大 住宅エコポイント復活も検討
【消費増税対策】財務省、2万5000円分を2万円で購入できる、低所得者向け「割引商品券」の販売を検討
【消費増税対策】軽減税率、スーパーの店内休憩スペース「店内飲食禁止なら対象」など 国の新指針を公表
【消費増税還元調整が難航?】ポイント還元 手数料下げない会社のクレジットカード 対象外の方向

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.