ゆるりとひじきそくほうゆるりとひじきそくほう
ゆるりとひじきそくほうの記事一覧

末期のガンで余命が2ヶ月しかないと幼馴染に告白された男がとった行動とは


18年07月13日 01:15



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:06:40.88 ID:yOOYeIydO

確か昨日だった。俺はあいつと会った。引っ越してきたらしい。
俺は声をかけた。

男「お?久しぶりじゃん。幼馴染だよな?」

幼馴染「…」

おかしい。違和感の原因を突き止めるのはそう難しくなかった。

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:09:54.67 ID:yOOYeIydO

男「…?どうした?」

人違いか?いや…そんな筈は…でもひょっとしたら…

幼馴染「…」

なんだ人違いか。自分を無理矢理納得させて、アパートの自分の部屋に戻ろうとした。

男「すみません、人違いでした」

幼馴染「アンタ、男でしょ?」

足が止まった

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:13:09.67 ID:yOOYeIydO

男「なんだよ、人違いかと思ったじゃないか…あー恥ずかしい思いして損した」

幼馴染「ふぅん」

もしかしたら、こいつ明日から俺と同じ高校に通うのか?

男「お前ってさ、もしかして通う高校って」

幼馴染「〇〇高校」

当たった。ちょっとテンションが上がった。でも、なにか違う。こいつ、こんな性格だったっけ?

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:16:57.28 ID:yOOYeIydO

男「そうだ!引っ越しの後片付けとか、荷物の整理とか手伝うよ!」

幼馴染「いや…いいよ」

男「そっか…」

なんか鼻っ柱を折られた気分だなぁ…

まぁこいつも女の子だ。男には見られたくないものだってあるに違いないさ。

男「じゃ…用があったらいつでも呼んでくれな」

部屋に戻り…寝た。

隣からあわただしい音がしたが、呼ばれない以上しかたない。明日から新学期だ。

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/22(水) 21:21:56.21 ID:yOOYeIydO



あいつはもう部屋にいなかった。初日からお早い登校ですこと…。

学校

男友「おう!お前また同じクラスだな!」

男「お、そうなのか。よろしくな」

男友「はは、何を今更!」

無意識に幼馴染の名前を探した。無い…無い…あった。灯台下暗し、とはこのことか。同じクラスだ。

男友「まぁ…教室に行こうぜ」

男「そうだな」

多分今年も出席番号でいえば、1番後ろの席だろう


次のページで↓↓

続きを読む



記事の全文を表示する(参照回数:27)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.