U-1速報U-1速報
U-1速報の記事一覧

北朝鮮の苦肉の策が『外交専門家に完全に見透かされて』八方塞がりに。従来の方法は通用しない


18年07月10日 03:32

1:蚯蚓φ ★:2018/07/09(月) 13:00:22.41 ID:CAP_USER

北朝鮮外務省は7日の談話で米国のポンペオ国務長官との交渉について「実に遺憾で懸念している」とコメントした。ポンペオ国務長官が平壌をたってからわずか5時間後に強い不満を表明したのだ。

 北朝鮮は今回の交渉で米国に対し▲関係改善に向けた多方面での交流▲停戦協定締結65周年(7月27日)を契機とする終戦宣言の発表▲ミサイルエンジン試験場の閉鎖▲米兵遺骨発掘に向けた実務協議の開始-などを提案したという。

 これに対して米国は北朝鮮が求めた関係改善や終戦宣言ではなく、完全かつ検証可能、不可逆的な核廃棄(CVID)の問題ばかり取り上げたというのが北朝鮮の主張だ。北朝鮮は「(米国は終戦宣言について)何だかんだと言い訳ばかりで後回しにしようとする態度を示した」と主張し「われわれは米国が建設的な提案をしてくると期待したが、その期待と希望はばかげたくらい素朴なものだった」として米国を非難した。

 北朝鮮は米国による韓米合同軍事演習の中断も評価しなかった。北朝鮮外務省報道官は「米国は(合同軍事演習の中断を)大きな譲歩のように主張しているが、実際はいつでも再開できる極めて可逆的な措置だ」「核実験場の不可逆的な爆破・廃棄措置とは比べものにならない」などと主張した。これについて韓国のある元外交官は「遺骨の送還、ミサイルエンジン試験場閉鎖など、北朝鮮は自分たちが何か行動を起こすたびにそれに応じた見返りを米国に求めているようだ」との見方を示した。

 北朝鮮は米国が今回の交渉で示した態度について「かつての米国政府が示したのと同じ古いやり方」「対話を行き詰まらせ、不信と戦争の脅威を増幅させる悪性腫瘍のような存在」と非難した。さらに自分たちが主張する「段階的・同時的行動原則」に応じるよう求め、これを拒否した場合「シンガポールでの首脳会談が無意味になり、確固不動だったわれわれの非核化意志が揺らぐ恐れもある危険な局面だ」と主張した。北朝鮮の一連の態度についてある外交筋は「被害者コスプレによって会談決裂の責任を他人に押し付けている。これは北朝鮮がこれまで何度も使ってきた手口だ」とコメントした。

 ただし北朝鮮は今回の外務省報道官談話を北朝鮮住民が目にすることのできる労働新聞や朝鮮中央テレビなどでは報道せず、対外向けメディアの朝鮮中央通信だけで報じた。韓国の国立シンクタンクの関係者は「米国に対して警告はするが、交渉の枠組みまでなくす考えはないということだ」と説明した。

李竜洙(イ・ヨンス)記者

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<交渉不調の責任を米側に押し付け要求を並べ立てる北朝鮮>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/09/2018070900949.html



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:295)関連記事
北朝鮮の4発の弾道ミサイル発射に対し、安倍首相「厳しく抗議した」←あっ…(察し)
北朝鮮の65万円騒動が『考えうる限り最悪の結末』を迎えた模様。某団体の正体が露呈した
北朝鮮のEMP攻撃を受けたら電源の入っていない機器も壊れるという事実!!!
北朝鮮のICBMロケットエンジン ウクライナの工場で製造された可能性!
北朝鮮のIOC会談で『東京五輪が”嫌すぎる迷惑”を被る』最悪の展開に。金をタカる気を隠そうともせず
北朝鮮の「2ch」にありがちなスレタイwwwwwww
北朝鮮の「美女軍団」が見せた素顔
北朝鮮の『最高軍事機密が敵国に漏洩して』米軍が本気を出し始めた模様。既に準備は万端だと宣言
北朝鮮のおじちゃん、ご褒美で金正恩におんぶして貰い泣く
北朝鮮のおゆうぎ会レベル高すぎ問題wwwww(※動画あり)
北朝鮮のもう引くに引けない感wwwwww
北朝鮮のものと思われる木造船が見つかった場所と、「工作員上陸ポイント」が一致
北朝鮮のやさしさが分かる画像wwwww
北朝鮮のエリート階層が『実は内部崩壊を始めている』と関係者が暴露。平壌は既に死の街に変貌しつつある
北朝鮮のカメラマン、ベストショットを狙うあまり「自国の恥」に
北朝鮮のゲーム少年に「私が米国人なら撃つのか?」と尋ねた結果・・・
北朝鮮のシナリオが解ってない奴大杉ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
北朝鮮のステルス迷彩SUGEEEEE!!!(画像あり)
北朝鮮のスリーパーセル(潜入工作員)は実在することが判明
北朝鮮のテロ支援国家再指定へ法案可決 米・ロイス委員長「われわれが圧力を強めるときだ」

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.