ねたAtoZねたAtoZ
ねたAtoZの記事一覧

ソニーを超えた「シャープ製スマホ」 中国・台湾メーカーの襲来に耐えられるか


18年07月09日 23:04

1:名無しさん@涙目です。:2018/07/09(月) 20:42:14.61 ID:Q2gqyZT40.net BE:123322212-PLT(13121)


 シャープは6月、スマートフォンの「AQUOS(アクオス)R2」など2機種を発売した。昨年から通信3社に提供するブランドを共通化するなどの
戦略で国内スマホのシェア2位を獲得し、新製品投入で地位固めを目指す。だが、ほかの国内メーカーが次々と撤退したという面もあり、
世界を席巻する中国や台湾のメーカーも日本でのシェアを広げようとしている。シャープ製スマホの正念場はこれからだ。(藤谷茂樹)

 動画と写真を同時に

 シャープが5月8日、東京都内で開いたスマホ新製品発表会。お目見えしたのは、新製品「アクオスR2」と「アクオスセンスプラス」の2機種だ。

 R2の特徴は、動画専用と写真専用の2つのカメラを備えたこと。それぞれに最適な設定を備えた。動画撮影中に人工知能(AI)が被写体の
動きを分析し、シャッターチャンスを逃さずに写真を撮る機能も搭載。インスタグラムなどSNSに動画や写真を載せるニーズに対応した。

 一方、センスプラスは、利用者が通信会社を自由に選べる「SIMフリー」として、格安スマートフォン向けに展開する。

 市場調査会社のMM総研によると、平成29年度の国内スマホ出荷台数で、シャープは409万4千台と前年度比46.2%増で、シェアは12.6%に達した。
ソニーモバイルを0.1ポイント上回り、iPhoneの米アップル(49.9%)に次ぐ2位となっている。

 シャープは昨年、通信会社によって違いがあったブランドを統一。3大キャリアと呼ばれる大手通信3社だけでなく、値段がお手頃なSIMフリーの
機種も出し、「全方位戦略」(MM総研)を取った。

 シャープ通信事業本部の中野吉朗本部長代行は「ブランドの統一で認知度が向上し、商品力の強化で安心して買ってもらえる国内メーカーの
商品だと理解してもらえた」と分析。スマホの生産、部品調達などでも親会社、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と連携を強めており、新製品2機種で
勢いをさらに加速させたい考えだ。

全文
http://www.sankeibiz.jp/business/news/180709/bsb1807090630001-n1.htm
ソニーを超えた「シャープ製スマホ」 中国・台湾メーカーの襲来に耐えられるか
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1531136534
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:70)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.