ねたAtoZねたAtoZ
ねたAtoZの記事一覧

【これでバッチリ】新入社員に伝えたい「飲み会の上手な断り方」


18年06月21日 09:10

1:名無しさん@涙目です。:2018/06/21(木) 07:44:45.19 ID:WuN70JMl0 BE:299336179-PLT(13500)


 断り方には「方程式」がある。この形をしっかり覚えれば、スムーズに断れるようになる。それは(1)声をかけてくれたことへの謝意、(2)参加できない理由、(3)お詫びの言葉、だ。

 (1)まずは、「お声をかけてくださってありがとうございます」「お誘いくださってありがとうございます」と言って、誘ってくれたことに対する感謝の気持ちを伝える。

 (2)次は参加できない理由だ。ポイントは相手が納得できる理由を言うこと。「先約がある」「体調がすぐれない」「用事がある」「資格取得のための勉強をしている」などが典型だろう。

 (3)そして最後が、「残念ですが」「大変申し訳ありませんが」「心苦しいのですが」といった相手に対するお詫びの言葉で結ぶ。これが、断り方の方程式で、
メールのときでも、口頭のときでもどちらでも使える。

■お誘いへの謝意を入れ、理由を述べて断る

 難しいのが「断る理由」だ。

 もちろん先約がある場合は、「先約がある」と、そのまま伝えればいい。「約束を守ることは、ビジネスの基本。
先約を優先させるのは、その人の信頼性にもつながります」(伊東氏)。たとえば取引先の場合。先約の内容までは言わなくてもいいが、
可能であれば、「この頃なら空いている」というように、次回につながる一言を加えておいた方がいい。

 「家庭の事情」をあげるのも悪くない。家庭を大事にしてこそいい仕事ができるといった考え方が広がっているからだ。
たとえば「その日は両親とレストランでご飯を食べる予約している」、当日の誘いなら「今日は家でご飯の用意がある」といったように、
家庭を絡めた理由であれば、誰でも納得しやすい。

 もっとも理想的なのは、「あの人は、飲み会はあまり好きではない」「あの人は二次会に参加しない」といったイメージを定着させることだ。

 逆に、いい顔をして最後までついていけば、「あいつは、付き合いが良い」との共通認識が広まり、いろんな人から誘われるようになる。
人脈を広げたい人は、それでいいが、飲み会を避けたい人はたまらない。飲まないキャラクターづくりをするなら、この数カ月が勝負だ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00225466-toyo-bus_all&p=4
【これでバッチリ】新入社員に伝えたい「飲み会の上手な断り方」
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1529534685
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:55)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.