U-1速報U-1速報
U-1速報の記事一覧

米国が『北朝鮮への譲歩はやっぱ止めた』と言い出す大混乱状態に。わけがわからない事態に突入


18年06月13日 23:32

1:Boo ★:2018/06/13(水) 22:06:45.15 ID:CAP_USER

(朝鮮日報日本語版) ホワイトハウス「大規模な韓米演習は中断、通常の演習は継続」

 米国のトランプ大統領が12日の記者会見で韓米合同軍事演習の中断に言及したことをめぐり、混乱が続いている。

 こうした中、米紙ワシントン・ポストは12日(現地時間)、米ホワイトハウスの関係者が「定例的な合同演習は続けるが、大規模な演習は中断するという意味だ」と説明したと報じた。

 これに先立ちペンス米副大統領は同日、共和党上院議員との昼食会で、半年に1度実施している韓米合同軍事演習は中断するものの、通常の演習は続けると明らかにした。

 WSJによると、トランプ大統領が12日にシンガポールでの記者会見で韓米合同軍事演習の中断に言及すると、米国防総省では高官らが集まって、大統領の発言の真意をめぐって確認作業などの対応に追われたことが分かった。

 ホワイトハウスの高官はペンス副大統領の発言に言及し「半年に1度実施している演習」と「通常の演習」について「違いがあまりないように見えるが、重要な違いだ」として「だから混乱が起きた」と述べた。

 つまり、トランプ大統領の言及した通常以外の「合同軍事演習」とは「フォール・イーグル」「マックスサンダー」「乙支フリーダムガーディアン」など数千人規模の両国の兵力や戦闘機などが動員される大規模な演習を意味するというわけだ。このうち「乙支フリーダムガーディアン」は通常、8月中旬に実施される。

 米国防総省のある高官はWSJに対し、トランプ大統領の発言が不透明だと指摘した上で、小規模演習も中断の対象となって影響を受けるのか、確認して決定する必要があると述べた。また、同省の別の高官は「ある程度のレベルでの演習はもちろん続ける」と述べた。

 一方、国防総省のホワイト報道官は12日「マティス国防相が米朝首脳会談前にトランプ大統領と韓米合同軍事演習について協議したため、何も知らずにトランプ大統領の発表を聞いたわけではない」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00002587-chosun-kr



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:339)関連記事
米国が『とうとう韓国に何の情報も与えなくなり』韓国が激怒した模様。米韓同盟破棄を示唆して米国を恫喝
米国が『中国からの全輸入品に制裁処分を課す』と宣言した模様。中国側に改めて妥協を迫る
米国が『中国経済を本気で焼け野原にする気』だと暴露した模様。天文学的な数値目標を突き付け
米国が『中国製品に20%の制裁関税を課す』末期的な事態に突入。米高官が文在寅に踏み絵を迫る
米国が『偶然にしては良すぎるタイミング』で虎の子を日本に派遣。半島への制裁準備を開始?
米国が『北朝鮮の裏ルートを全て潰す』圧倒的な追加制裁を準備中。韓国や朝鮮総連もまとめてピンチに
米国が『在韓米資産の撤退を水面下で進行中』だと暴露された模様。複数の米国高官が資産移動を推進
米国が『平昌五輪への米選手団派遣を拒否する』異常事態が進行中。安全を保障するため最善の道を取る
米国が『文在寅に”余計なことをするな”と釘を刺す』も韓国側は理解せず。あれで自重している気な模様
米国が『文在寅に仲介役は任せられない』と不信感を吐露し始めた模様。米国よりも北朝鮮の国益を優先する
米国が『文在寅への情報提供を凍結して』韓国側が怒り狂っている模様。既にマスコミ報道で周知の事実だった
米国が『米韓同盟の破棄に公式に言及する』末期的な展開に突入。韓国には核の傘を提供しない
米国が『韓国の発言権を一切認めない』絶望的な状況が露呈中。韓国人が己の立場に火病発症
米国が『駐韓米国大使の就任を拒否して』韓国への不信感を顕にした模様。窮地の韓国に更なる追い打ちを喰らわす

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.