結婚・恋愛ニュースぷらす結婚・恋愛ニュースぷらす
結婚・恋愛ニュースぷらすの記事一覧

外資系企業が全然重要視しない問題で日系企業が重要視するのが体育会系 それはなぜか?


18年06月13日 17:10

WS000021

1:名無しさん@涙目です。:2018/06/11(月) 17:14:30.22 ID:zAIwXujv0.net
 すこし前のことですが、ヘッドハンティングを仕事にしているひとの話を聞いたことがあります。新しい部署や事業部を任せられる幹部を、年収1000万円から3000万円で探すよう頼まれるのだといいます。

 ヘッドハンターによると、日本企業と外資系企業では採用基準がちがうそうです。

 外資系企業が評価するのは学歴・資格・職歴・経験、そしてなにより実績で、男女の別や国籍・人種は問いません。それに対して日本企業は「男性」「日本人」が当然の前提で、女性や外国人はそもそも検討の対象にもなりません。

 こういうところに日本企業の差別的な体質が現われていますが、それは容易に想像できます。興味深いのは、外資系企業がまったく関心を示さないのに、日本企業にとってきわめて重大な属性があることです。それが「体育会」です。

 「いつも不思議に思うんですけど」と、ベテランのヘッドハンターはいいました。「大学の運動部出身というと、どこも大歓迎なんです。“えっ、
この程度の実績でいいの”と思うようなひとでも、どんどん採用されていきます」

 顧客の再就職が決まると、その年収に応じてヘッドハンターに報酬が支払われます。逆にいえば就活中はタダ働きになってしまいますから、
できるだけ早く決めたいと思うのは人情でしょう。そこで日本企業から求人のオファーがあると、大学運動部出身者を優先的に斡旋するのだそうです。

 ヘッドハンターが日本企業の経営者や人事部長に「なぜ運動部出身者がいいのか」と訊くと、そのこたえは常に同じで、「組織の文化に合っている」 からだそうです。彼らが求めているのは、権力に対して従順で、先輩・後輩の序列を重んじ、「右を向いてろ」といわれたらずっと右を向いて 立っているような人材なのです。なぜなら、自分自身がそうだから。

http://diamond.jp/articles/-/172198


元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528704870/


続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:46)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.