ねたAtoZねたAtoZ
ねたAtoZの記事一覧

松坂大輔投手の復活劇。 「非常識にチャンレンジ」した投球術とは。


18年06月12日 17:54

1:スレ立て代行@ベクトル空間 ★:2018/06/12(火) 15:14:31.75 ID:CAP_USER9.net
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/06/12/kiji/20180611s00001173206000c.html
(●一部を転載 全文はリンク先見てください●)

3勝3敗、防御率2・41。
今季、復活した姿を見せてくれている右腕の考え方のいくつかエピソードを紹介したい。

(1)逆球をフル活用。
西武時代から話していたことは「狙ったコースとは逆に行く逆球は、その球自体は意味のないものが多い。
だけど、その1球を打たれなければ、次に生かせる」。制球力がない投手には参考にしてほしい言葉。
もし、捕手の構えたところに行かなくても、ストレスはためない。09年の第2回WBCの2次ラウンド、
キューバ戦では相手のベンチから内外角の投球に対する声の指示を見抜き、捕手の城島と話し合った上で、
あえて構えたミットの逆のコースに投げて無失点に封じたことは有名な話だ。

(2)点差が開いたら実験
 試合が決した時には必ず何かを試した。
「打者の強いコースから少し動く球を投げる。打たれてもいい
。打たれたら、自分の中で“やってはいけないこと”の線引きができる。
逆に変な反応をしてくれたら、打ち取る選択肢が増える。ヒントがどこに隠れているかは分からない」。
メジャー時代には、あえて相手の待っているコースに投げたこともある。

(3)苦しい時も、引き出しを全開にしない。
「1試合の中で“ここがポイント”という時はありますが、そこで全てを出したら、先はない。
次の試合でも対戦がある。常に“何か”は取っておかないと」。
【プロ野球】 中日ドラゴンズ・松坂大輔投手の復活劇。 「非常識にチャンレンジ」した投球術とは。
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528784071
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:25)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.