ラビット速報ラビット速報
ラビット速報の記事一覧

小島容疑者、学校の成績オール5の天才児だったことが判明。


18年06月11日 15:49

s_dot-2018061000009



1:名無しさん@涙目です。:2018/06/11(月) 14:32:28.63 ID:4ElH81s80.net BE:695656978-PLT(12000)

http://news.livedoor.com/article/detail/14846788/
両親に見捨てられてた?新幹線殺傷「小島容疑者」自分から自立支援施設へ
祖母と同居する50歳の伯父は、「小さいころ、家で食事も与えられなかったそうです。父親は厳しく、母親は好きな事ばっかりやっていて、自分の方を全然向いてくれなかったと言っていました」と話す。


学校の成績はオール5

14歳で実家を出て自立支援施設に入所した。19歳の時までそこで生活し、20歳の時に母親とのトラブルが原因で、祖母と養子縁組をした。家を出た理由について、父親は「(入所は)自分の意思。家が嫌いだった」と話す。
さらに、小島が中学3年の時に起こした家庭内トラブルについて明かした。

夏休みの終わり、小島は新学期に水筒が欲しいと訴えたが、母親から中古の水筒を渡されたことで怒り、夜中に寝室のドアをけ破り、寝ていた父親に包丁と金槌を投げつけてきたという。父親は息子を押さえつけ、母親が110番通報した。
「恐怖を感じながら、けさ固めの状態で警察が来るまで押さえていた」と父親は話す。

自立支援施設の代表は「学校の成績はオール5だった。頭のいい子で、定時制高校を3年で卒業した」と話す。その後、上場企業のグループ会社に就職し、「自分の稼いだ金で生活できる」と張り切っていたという。
ところが、その会社生活は10か月で終わった。退職後は「俺は生きていても仕方ない人間だ」と、自殺をほのめかすようになった。「どこでも死ねるように」とロープを持ち歩き、家出を繰り返していた。今回の事件は4度目の家出の半年後だった。

環境違っていれば違う人生

司会の小倉智昭「もしも環境が違ったら、順風満帆な生活を送っていたのかもしれません」

為末大(元陸上ハードル選手・「Deportare Partners」代表)「小学校、中学校はもう(性格が)決まった後に近いと思う。幼少期に感情が芽生えている可能性が高いですよね。秋葉原事件の加藤被告の幼少期を思い出しました」

橋口いくよ(作家)「家庭での愛情が足りなくても、社会に出て、他人からもらうもので普通に生きている人もたくさんいます。大事なのは他人とのつながり(を作ること)」





2:名無しさん@涙目です。:2018/06/11(月) 14:34:17.07 ID:fyzKHk+S0.net

学校の成績が良かろうがそんなの関係ねぇ




3:名無しさん@涙目です。:2018/06/11(月) 14:34:33.26 ID:kIh3gdzj0.net

それでも小島が悪い




続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:78)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.