キムチ速報キムチ速報
キムチ速報の記事一覧

【北朝鮮】歴史が予見する"北朝鮮はまた必ず裏切る"朝鮮半島「コウモリ外交」のDNA


18年06月11日 12:15

1 名前:しじみ ★:2018/06/11(月) 11:09:36.26 ID:CAP_USER.net
中国との連携を強め、米副大統領を罵倒したかと思えば、「トランプ大統領を内心評価してきた」と手のひら返し。
その一方でロシアにも接近し……。金正恩・朝鮮労働党委員長のあからさまな「コウモリ外交」について、
著述家の宇山卓栄氏は「強大な中華帝国に隷属し続けた朝鮮半島の過酷な歴史がその背景にある」と指摘する――。

■米中ロの間を渡り歩く北朝鮮

『イソップ寓話』の中に、「卑怯なコウモリ」という一話があります。
かつて、獣の一族と鳥の一族が戦争をしていました。
両者の戦いを見ていたコウモリは、獣の一族が優勢な時、
彼らに「私は全身に毛が生えているので、獣の仲間です」と言いました。
鳥の一族が優勢になると、コウモリは彼らに「私は羽があるので、鳥の仲間です」と言いました。

『イソップ寓話』は紀元前6世紀に、
ギリシアのアイソーポス(英語読み:イソップ)という人物によって編纂されました。
こうした寓話には、時代を超越した普遍の真理が隠されているものです。

北朝鮮の外交はまさに、イソップのコウモリと同じです。
北朝鮮は中国との連携を強め、ペンス副大統領を罵倒するなど、アメリカを揺さぶっていました。
トランプ大統領が5月24日、米朝首脳会談を中止すると発表すると、突如態度を変えて、
「トランプ大統領を内心高く評価してきた」などと言い、今度はアメリカに抱き付いてきたのです。

その一方で、5月31日、ロシアのラブロフ外相との会談で、
金正恩委員長は「(アメリカの)覇権主義に対抗して、
(ロシアの)指導部と綿密に意見交換していきたい」と述べ、プーチン大統領を持ち上げました。

■反故にされるとわかっている「合意」

6月12日の米朝首脳会談やそれ以降の会談で、どんな合意がなされようとも、
北朝鮮はお得意の「コウモリ外交」で、また手のひらを返し、約束を破ることは間違いありません。
北朝鮮との外交において大切なのは、「どのような合意をするか」ではなく、合意が破られた後、
軍事オプションも含めて、「どのように制裁するか」ということです。
アメリカが多少の妥協をして、何らかの合意をしたとしても、どうせその合意は紙屑になるだけのこと。
「トランプ大統領が妥協するかどうか」を詮索すること自体、無意味です。

ボルトン補佐官をはじめとするトランプ政権の強硬派の面々は、「卑怯なコウモリ」が裏切ることを前提にして、
その首をどのように斬るかということを考えていると思います。それが彼らの最大の役割だからです。
もし、それができないのならば、トランプ政権はオバマ政権と同様に、歴史に汚名を残すことでしょう。

■19世紀末李氏朝鮮の「コウモリ外交」

とはいえ北朝鮮には、「コウモリ」を演じているという自覚がありません。
なぜならば、それは歴史的に培ってきた彼らのDNAであり、体に染み付いた自然の習性であるからです。

19世紀後半の李氏朝鮮時代に閔妃(びんひ)という人物がいました。
彼女は王妃でしたが、夫の高宗に代わり、実権を掌握していました。

中国の歴代王朝は、朝鮮を属国にしていました。閔妃の時代の清(しん)も同様です。
閔妃は宗主国の清にすり寄る一方、明治維新後の日本にも接近しました。
日本を後ろ楯にすることで、清を揺さぶることができると考えたのです。

日本は閔妃の「コウモリ外交」を知りながら、惜しみなく朝鮮に資金を援助し、技術開発を支援しました。
また、日本人の教官が派遣され、近代式の軍隊を創設して軍事教練を施したりもしました。

清は日本に対抗するため、朝鮮への駐在軍を増強し、朝鮮支配を強化します。
この時、清の駐在軍を指揮していたのが、若き日の袁世凱でした。
袁世凱らの軍勢は朝鮮で略奪・強姦を繰り返し、暴虐の限りを尽くします。
こうして清の支配が強まると、閔妃は日本を裏切り、清にすり寄りはじめました。

しかし、この時、日本は閔妃を非難しませんでした。
当時の対朝鮮外交の責任者であった井上馨は、閔妃の「コウモリ外交」を、属国ゆえの悲哀として憐れんだのです。


http://president.ismcdn.jp/mwimgs/1/9/670mn/img_1919af873d62b4e6dd6446200e56c3e384176.jpg


PRESIDENT Online - プレジデント
http://president.jp/articles/-/25386
続く)

2 名前:しじみ ★:2018/06/11(月) 11:10:08.47 ID:CAP_USER.net
続き)>>1
■国の創始者が「事大主義」を国是に

清と日本の両勢力が朝鮮半島でぶつかった結果、ついに戦争が始まります。
これが日清戦争(1894~1895年)です。
閔妃をはじめ、朝鮮の廷臣の誰もが「日本が大国の清に勝てるわけがない」と考え、清にますます追従しました。

しかし、日本が優勢になると、閔妃は清を裏切り、親清派の廷臣を切り捨て、親日派の廷臣を登用し、
日本にすり寄りました。その一方で、閔妃はロシアにもすり寄りはじめ、日本の影響力を削ごうとします。
ロシアが三国干渉に成功し、日本が清に遼東半島を返還すると、閔妃はロシアへの依存を強めていきます。
ここに、閔妃の「コウモリ外交」が極まりました。最終的に閔妃は内乱に巻き込まれ、暗殺されます。

朝鮮半島は岩盤地質の山岳に覆われ、土地の痩せた貧弱な地域です。
肥沃な中国大陸の東の果てに付随する半島国家として、中国など強い勢力に隷属するしかなかったのです。
それが朝鮮の悲しい宿命でした。

この隷属は「事大主義」と呼ばれます。李氏朝鮮の創始者の李成桂(イ・ソンゲ)は
「小をもって大に事(つか)ふるは保国の道」と言い残しています。
これは『孟子』の「以小事大」からとったもので、
大国の中国に事(つか)えることが肝要とする儒教の考え方で、李氏朝鮮の国是となり、
代々受け継がれていきました。

そのときどきに力を持つ者にすり寄り、状況が変わればすり寄る相手を乗り換えることは、
「事大主義」という名のもと、儒教によって大義名分を与えられた立派な倫理規範であるのです。
長きにわたる属国としての歴史の中で受け継がれた彼らの価値観は、
「コウモリ」的な振る舞いを悪しきものとするわれわれの価値観とは異なります。

続きはソースで

PRESIDENT Online - プレジデント
http://president.jp/articles/-/25386


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1528682976

続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:81)関連記事
【北朝鮮/無慈悲終了】金正恩氏「我々と対話すれば、私が太平洋上に核を撃つとか、米国を狙ったりする人間でないことがわかる」
【北朝鮮/無慈悲終了】金正恩氏「我々と対話すれば、私が太平洋上に核を撃つとか、米国を狙ったりする人間でないことがわかる」
【北朝鮮】 12時30分に「重要な報道」を予告 
【北朝鮮】 ICBM アメリカ全土が射程圏内に。第三次世界大戦開幕へ
【北朝鮮】 「アメリカに奇襲攻撃を行う」
【北朝鮮】 「アメリカのCIA(中央情報局)と韓国の国家情報院が、われわれの最高首脳部を相手に、生物化学兵器によるテロを計画した」
【北朝鮮】 「島国一族の愚かなあがき」北朝鮮メディア、日本を非難~最大圧力継続の主張に対し
【北朝鮮】 「戦争になれば真っ先に被害を受けるのは日本だ」
【北朝鮮】 「米中央情報局(CIA)を掃討する」
【北朝鮮】 「非核化後、対日請求権で200億ドル(約2.2兆円)が経済開発に使える」~サムスン証券が試算
【北朝鮮】 あり得るのか?菅長官「北乗組員、工作員の可能性」発言が物議と日刊ゲンダイ
【北朝鮮】 中距離弾道ミサイル「北極星2型」発射実験成功と発表 キム委員長、「100点満点で完璧だ」
【北朝鮮】 制裁決議を非難 “米に代償支払わせる”
【北朝鮮】 在韓米軍の無条件撤収を要求 米朝首脳会談を前に
【北朝鮮】 日本は準備をしているか? 北朝鮮がアジア経済の『フロンティア』になる可能性/古賀茂明
【北朝鮮】 日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け、見ものである。と日刊ゲンダイ
【北朝鮮】 核戦争から世界を救ったと宣言
【北朝鮮】 浮島丸爆沈事件73年...「彼らの魂が血の復讐呼ぶ」と北朝鮮労働新聞
【北朝鮮】 米西海岸射程のミサイル発射準備か
【北朝鮮】 紙くずなのに「価値上昇」とウソ~東南アジアで北朝鮮旧紙幣使った詐欺

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.