マジキチ速報マジキチ速報
マジキチ速報の記事一覧

【目黒虐待死】結愛ちゃんを見殺しにした児童相談所の大罪


18年06月11日 06:15


【虐待した親より悪いかも】結愛ちゃんを見殺しにした児童相談所の大罪
1:名無しさん@涙目です。
2018/06/09(土) 18:16:45.24 ID:dnKS2Hsa0
BE:299336179-PLT(13500)


■繰り返される無責任体制

 事件が詳しく報じられるにつけ、今回もまた、児童相談所がその職責を果たさなかったことが浮き彫りになっていますもちろん一番罪深いのは虐待した親ですが
、私は何よりも児童相談所職員が、「手が足らない」「事件性がなかった」などと理由を並べ、サボタージュに近い仕事ぶりでも何の罪も問われないことが繰り返されている点に、強い憤りを覚えます。

 佐々木拓夢ちゃん、斎藤理玖くん、坂本愛羅ちゃんたちは、まだ記憶に新しい名前です。2006年に京都府長岡京市で虐待・餓死した3歳の佐々木拓夢ちゃんは、
その年の6月から10月の間に、少なくとも5回の住民や自治会から虐待の通報をしたのに、児童相談所も警察も動かなかったことで忘れられない事件です。拓夢ちゃんの姉(6歳)がトイレの窓から道行く人に
、「なにかたべものをちょうだい」と訴えて保護されている間のできごとでした。

 児童相談所は一度も立ち入りをせず、電話で父親に確認しただけでした。「はい、実は虐待しています」と認めるとでも思ったのでしようか。
この時の京都府児童相談所の所長は、「判断に甘さがあった」と会見しました。その直前には厚生労働省からの通達もあり、さすがに以降はもっと警察との連携も密にし、
全国の児童相談所が教訓として生かすようになったのだろうと信じました。

 2014年に発覚した厚木市の理玖くんの事件も凄惨でした。マンションの一室に閉じ込められ、パンかおにぎりを、虐待する犬に与えるように与えられた5歳児の理玖ちゃんは、
立ち去ろうとする父親の服を衰弱する身で引っ張り、最後に「パパ」と呼びました。それは2006年ごろのことでした。
https://toyokeizai.net/articles/-/224517

※一部抜粋 全文はソースで


引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528535805
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:120)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.