【2ch】コピペ情報局【2ch】コピペ情報局
【2ch】コピペ情報局の記事一覧

「自分に似た声」を作るアプリが無料で公開 36~40万円が相場の音声合成業界に価格破壊の風


18年06月08日 21:31

1:きらら ★:2018/06/08(金) 16:54:20.37 ID:CAP_USER9.net
みなさんは自分の声そっくりにしゃべる合成音声をお持ちだろうか?
筆者は2年4カ月前から自分の声「松尾P」を使えるようになっていて、たまに記事で使っている。ちょっとした自慢だ。
ところがこの先行者特権が失われようとしている。
4月17日に東芝デジタルソリューションズが公開したモバイルアプリ「コエステーション」が原因だ。
自分の観測範囲でもかなりの人が自分の合成音声「コエ」を持ち始めている。
コエステーションは、自分の声で10個の文を読み上げるだけで自分の声を基にした「コエ」ができて、TTS(Text to Speech)による発声をアプリ内でできる。しかも無料。
これはとんでもない価格破壊だ。

これがどのくらいの価格破壊かというと、既存の音声合成企業が提供しているカスタムボイス作成では40万円(AITalk Custom Voice)、36万円(ボイスター ライト版)と、簡単に手を出せる価格ではない。
筆者の声をモデル化した「松尾P」は、HMM(隠れマルコフモデル)を使った音声合成だ。
オープンソース版のTTSであるOpen JTalkと、それを商用化したCeVIOがこの技術に基づいている。
CeVIOはTTSだけでなく、歌唱合成もできて、故・三波春夫の歌声を合成することもできる。
歌声合成のオープンソース版はSinsyで、筆者の歌声(英語のみ)を合成して歌わせることもできる。



動画 





続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:65)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.