フットボール速報フットボール速報
フットボール速報の記事一覧

<西野監督>“第3の布陣”4-1-4-1をテスト「アンカー」長谷部の可変化を試す..


18年06月08日 12:31

1 名前:Egg ★:2018/06/08(金) 07:00:10.54 ID:CAP_USER9.net

「サッカー日本代表合宿」(6日、ゼーフェルト)

 W杯ロシア大会を控えた日本代表は6日(日本時間7日)、事前合宿地のオーストリア・インスブルック郊外のゼーフェルトで練習を行い、冒頭15分間を除く非公開で、親善試合スイス戦(8日26時、ルガノ)に向けて調整した。戦術練習ではMF本田圭佑(31)=パチューカ=が主力組のトップ下に入ったとみられ、先発出場が濃厚となった。また、西野朗監督(63)は“第3の布陣”となる4-1-4-1を試したとみられ、スイス戦の試合途中から導入される可能性も浮上した。

 スイス戦で西野ジャパンの“第3の布陣”がテストされる可能性が出てきた。非公開で行われた戦術練習で4-1-4-1の新布陣も確認したもよう。スイス戦の途中から、採用される見込みだ。

 第3の布陣を試す狙いは、システムの可変化にある。就任以降、試合状況に対応するために3バックと4バックの布陣を併用することを目指している西野ジャパン。MF長谷部(Eフランクフルト)を最終ライン前の「アンカー」と呼ばれる位置に入れる新布陣ならば、状況に応じて長谷部が最終ラインに入ることによって、スムーズな3バックへの移行が可能となる。

 システムの可変化は、攻守両面の幅を広げることになる。追いかける展開ならば、最終ラインを3バックにし、人数をかけた攻撃を仕掛けることも可能で、逆に3バックに加えて両サイドのウイングも最終ラインに吸収すれば、5バック気味でゴール前を固めることも可能。試合途中でのシステム変更については、DF吉田(サウサンプトン)が「現実的には、状況の中で。それはこの2試合(スイス、パラグアイ戦)で見られていくのでは」と語った。

 W杯本番のコロンビア戦まで、貴重な実戦機会。先月末のガーナ戦で試した3-6-1とはまた別の新布陣。吉田は「4バックでも3バックでも監督は併用していくと言っているので、そこの確認をしたい」。FIFAランク6位の強豪相手に手応えを探る。

6/8(金) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000016-dal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180608-00000016-dal-000-2-view.jpg


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528408810
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:30)関連記事
<西野監督いざ初陣!> ハリル体制の閉塞感消えた!選手の笑顔は増えた。
<西野監督が不用意すぎるコメント>「何か変化がないと、崩れない気がしました」発言はいただけない。あまりに他人事すぎる
<西野監督が提言!> 欧州とのシーズンのズレ「考えていく必要ある」
<西野監督が断言した3バック導入>W杯の成功=守備的日本代表。カギ握る「守備のビッグ3」
<西野監督が衝撃発言!>PK戦の練習は「あまり意味がない」「あの精神状態をトレーニングのなかで作ることは不可能」
<西野監督ごめんねと言うべきサッカー専門家は誰?>W杯前の予想を検証!セルジオ越後は1次GL突破確率を「1~2%」と断言..
<西野監督に中国熱視線!>複数クラブ注目...評価が高まった理由..就任から短期間でチームをまとめた点
<西野監督会見!>最後の試合「メンバー固定してない」
<西野監督退任決定も>ハリル教訓でクリンスマン反対論が浮上し後任監督が混迷!
<西野監督>W杯直前の関心の低さに危機感「代表があまり良い形で報じられていない」
<西野監督>“教え子”宇佐美貴史のトップ下起用検討!原口原因も評価「相変わらず活発」
<西野監督>「ただ縦に急ぐのではなく、ボールを保持しながら縦の攻撃が出た」「ポイントを持って、攻守に修正できている」
<西野監督>危機感0%!次戦も全員起用優先..メンバーを固めて連係を磨く手もあるが、それもしない.
<西野監督>名指しで宇佐美を叱責!「寄せが足りない」 失点傾向に「こんな屈辱ない」

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.