マジキチ速報マジキチ速報
マジキチ速報の記事一覧

なんか中国人は作者のヘイトスピーチよりもラノベの内容と設定に怒っている気がするわ…二度目の人生を異世界で


18年06月07日 18:15

5caa0a103fc7a8878c0f0b88c9786dd2

【アニメ】「中国人怒り心頭」の日本のラノベ『二度目の人生を異世界で』…主人公が中国を侵略し3000人以上を虐殺?
1:王子 ★
2018/06/06(水) 22:20:57.67 ID:CAP_USER9.net
http://www.recordchina.co.jp/b608824-s0-c30-d0054.html

2018年6月5日、中国メディアの観察者網は、主人公の設定が「中国を侵略し3000人以上を虐殺した日本軍兵士ではないか」「南京大虐殺の犯人はこいつか」などと日本や中国で物議を醸した日本のライトノベル「二度目の人生を異世界で」の作者がこのほどツイッターで、作品の一部表現やツイッターでの過去の不適切な発言を謝罪したと報じた。

観察者網によると、剣客である主人公の設定は「15歳で中国大陸へ渡り黒社会で活動。5年後に日本の『世界戦争』に従軍し、4年間の従軍期間中に3712人を殺害。94歳で亡くなった後に異世界で二度目の人生を送り、『人生の勝ち組』となり美女にちやほやされる」というもの。

このライトノベルが日本の小説投稿サイトで連載が始まったのが2014年1月であり、そこから計算すると主人公が3000人以上を殺害したのは日本軍が中国を侵略した時期に成し遂げられたことになることから、日本の読者から「南京大虐殺の犯人はこいつか」などの指摘が出ていた。

また、作者のまいん氏は、小説が連載される前の2013年にも、ツイッターで中国を「虫国」と表記するなど嫌中発言を繰り返していた。

作品はその後、書籍化され、今年5月22日には、同10月からテレビアニメ化されることが発表された。それを受け、中国のアニメ愛好家の間でも話題となり、作品の内容が問題視されていたという。このほど取り上げた環球時報は、「中国人が見たら怒り心頭」などと伝えていた。



※続きはソースで


引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528291257
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:52)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.