フットボール速報フットボール速報
フットボール速報の記事一覧

<日本の「平均年齢28.6歳」は何位?> W杯出場32か国の“23人”を5つのカテゴリーで徹底比較!日本はブラジルと同値に


18年06月06日 12:30

1 名前:Egg ★:2018/06/06(水) 07:19:08.82 ID:CAP_USER9.net

日本はブラジル、アイスランドと同値の“高齢”に
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180606-00041496-sdigestw-000-7-view.jpg


 6月4日に締め切られたのが、ロシア・ワールドカップの最終メンバー登録だ。出場全32か国はそれぞれFIFAに23名の登録リストを提出。ここに栄えある736人のワールドカップ戦士が出揃った。
 
 今回サッカーダイジェストWEBでは、この“23人”を5つの部門別ランキングで徹底比較する。「平均年齢」「推定市場価格」「自国リーグ所属数」「選手輩出クラブ」「選手輩出リーグ」だ。国や代表チームのカラーの違いが鮮明に映し出されている。
 
 まずは、平均年齢のランキングを見てみよう。2018年6月6日現在の平均値で、小数点2位以下は切り捨てている。気になる西野ジャパンの順位は……。

 
[2018W杯出場国・平均年齢ランキング]
1位 コスタリカ 29.6歳
2位 メキシコ 29.4歳
3位 パナマ 29.3歳
3位 アルゼンチン 29.3歳
5位 エジプト 29.0歳
6位 ロシア 28.8歳
7位 サウジアラビア 28.7歳
8位 ブラジル 28.6歳
8位 日本 28.6歳
8位 アイスランド 28.6歳
11位 スペイン 28.5歳
12位 ポルトガル 28.4歳
13位 ポーランド 28.3歳
14位 スウェーデン 28.2歳
15位 ウルグアイ 28.1歳
15位 オーストラリア 28.1歳
15位 コロンビア 28.1歳
18位 クロアチア 27.9歳
19位 韓国 27.8歳
20位 ベルギー 27.6歳
21位 ペルー 27.4歳
22位 イラン 27.2歳
22位 スイス 27.2歳
22位 セネガル 27.2歳
22位 モロッコ 27.2歳
26位 ドイツ 27.1歳
26位 デンマーク 27.1歳
28位 セルビア 26.8歳
29位 チュニジア 26.5歳
30位 イングランド 26.0歳
31位 フランス 26.0歳
32位 ナイジェリア 25.9歳
 
 最高齢はコスタリカで、最年少がナイジェリアという結果となり、その差は3.7歳。とはいえ想像していたよりも全体的な平均年齢は高めの印象だろうか。
 
 日本は28.6歳でワールドカップ史上最高齢の平均値となったが、それでも8位タイの順位で、グループHで同居するポーランド、コロンビア、セネガルとも大きな差はなく、アジアではサウジアラビアに次ぐ2番手だ。ただ、予想されるスタメンで換算すれば日本の順位はもっと上がるのかもしれない……。優勝候補で見るとアルゼンチンとブラジルの南米2強が上位で、ドイツ、フランス、イングランドの欧州勢が下位にいるのが興味深い。
 
 ちなみに今大会にエントリーしている最高齢は、エジプトのGKエサム・エル・ハダリの45歳で、フィールドプレーヤーではメキシコのDFラファエル・マルケスの39歳が最高値。一方でヤンゲスト・プレーヤーはオーストラリアのFWダニエル・アルザーニで、1999年生まれの19歳である。ほかにもキリアン・エムバペ(フランス)、トレント・アレクサンダー=アーノルド(イングランド)、アシュラフ・ハキミ(モロッコ)、フランシス・ウゾー(ナイジェリア)、ホセ・ルイス・ロドリゲス(パナマ)、ムサ・ワゲ(セネガル)の6選手が1998年生まれの19歳だ。

つづく

サッカーダイジェスト6/6(水) 5:19
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180606-00041496-sdigestw-socc

2 名前:Egg ★:2018/06/06(水) 07:19:19.72 ID:CAP_USER9.net

続いてチェックするのは「推定市場価格」だ。
 
 こちらはドイツの移籍情報専門サイト『transfermarkt』が換算している数値で、全世界のフットボーラーを対象にさまざまな情報を精査して割り出す“市場価値”である。出場32か国の選手全員の総額を23人で割り、1選手あたりの平均値でランキング化した。
 
 首位に立ったのはタレントの宝庫、フランスだ。キリアン・エムバペの1億2000万ユーロ(約156億円)、アントワーヌ・グリエーズマンの1億ユーロ(約130億円)など超高額者が多く、スペインを僅差で交わしてトップに立っている。その後はブラジル、ドイツと続き、日本は25番目で、ライバル韓国の後塵を拝した。1000万ユーロ超えが香川真司(1300万ユーロ=約16億9000万円)ひとりだけでは、下位低迷も致し方ない。

 
[2018W杯出場国・推定市場価格(1選手平均)ランキング]
1位 フランス 4698万ユーロ(約61億円)
2位 スペイン 4500万ユーロ(約58億5000万円)
3位 ブラジル 4139万ユーロ(約54億2000万円)
4位 ドイツ 3848万ユーロ(約50億円)
5位 イングランド 3800万ユーロ(約49億4000万円)
6位 ベルギー 3287万ユーロ(約42億7000万円)
7位 アルゼンチン 3078万ユーロ(約40億円)
8位 ポルトガル 2020万ユーロ(約26億2000万円)
9位 ウルグアイ 1598万ユーロ(約20億8000万円)
10位 クロアチア 1542万ユーロ(約20億円)
11位 セネガル 1262万ユーロ(約16億7000万円)
12位 デンマーク 1139万ユーロ(約14億8000万円)
13位 ポーランド 1127万ユーロ(約14億7000万円)
14位 コロンビア 1115万ユーロ(約14億5000万円)
15位 セルビア 1054万ユーロ(約13億7000万円)
16位 スイス 946万ユーロ(約12億3000万円)
17位 エジプト 856万ユーロ(約11億1000万円)
18位 メキシコ 631万ユーロ(約8億2000万円)
19位 ロシア 599万ユーロ(約7億8000万円)
20位 ナイジェリア 577万ユーロ(約7億5000万円)
21位 モロッコ 534万ユーロ(約6億9000万円)
22位 スウェーデン 506万ユーロ(約6億6000万円)
23位 韓国 368万ユーロ(約4億8000万円)
24位 アイスランド 328万ユーロ(約4億3000万円)
25位 日本 319万ユーロ(約4億1000万円)
26位 チュニジア 253万ユーロ(約3億3000万円)
27位 オーストラリア 215万ユーロ(約2億8000万円)
28位 イラン 185万ユーロ(約2億4000万円)
29位 コスタリカ 183万ユーロ(2億3000万円)
30位 ペルー 161万ユーロ(約2億1000万円)
31位 サウジアラビア 81万3000ユーロ(約1億1000万円)
32位 パナマ 41万ユーロ(約5300万円)

つづく

3 名前:Egg ★:2018/06/06(水) 07:20:02.27 ID:CAP_USER9.net

では、出場国の選ばれし23名のうち何人が国内リーグでプレーしているのだろうか。
 
 唯一の23名フルマークを記録したのが、イングランドだ。世界一リッチな国内リーグを持つ国は、伝統的に国外でプレーする選手が少ないが、今回はついにゼロとなった。スペインとドイツを抑えて、ロシアとサウジアラビアが2位、3位に食い込んでいるのは特筆ものだろう。
 
 日本のJリーグ組は8名で、これは8位タイとまずまずの数値か。韓国は12名で6位、オーストラリアは以前にも増して海外組が増加したため、今回の国内組はわずか3名となっている。セネガルとスウェーデンにいたってはひとりもおらず、ベルギーやアルゼンチン、ブラジルも数名程度。数多のスタープレーヤーが欧州に針路を取っているのがよく分かる。
 
[2018W杯出場国・自国リーグ所属選手数ランキング]
1位 イングランド 23名
2位 ロシア 21名
3位 サウジアラビア 20名
4位 スペイン 19名
5位 ドイツ 15名
6位 韓国 12名
7位 イラン 9名
8位 フランス 9名
9位 メキシコ 8名
9位 日本 8名
9位 エジプト 8名
12位 ポルトガル 6名
12位 コスタリカ 6名
14位 チュニジア 5名
14位 ペルー 5名
16位 ポーランド 4名
17位 セルビア 3名
17位 パナマ 3名
17位 デンマーク 3名
17位 コロンビア 3名
17位 ブラジル 3名
17位 オーストラリア 3名
17位 アルゼンチン 3名
24位 ウルグアイ 2名
24位 モロッコ 2名
24位 クロアチア 2名
27位 スイス 1名
27位 ナイジェリア 1名
27位 アイスランド 1名
27位 ベルギー 1名
31位 スウェーデン 0名
32位 セネガル 0名

つづく

4 名前:Egg ★:2018/06/06(水) 07:20:35.69 ID:CAP_USER9.net

次に、ロシア・ワールドカップに所属選手を輩出しているクラブチームのランキングを見てみよう。メガクラブがずらりと顔を並べるなか、自国選手を多く送り出しているトッテナム、サウジの2大クラブ(アル・ヒラル&アル・アハリ)がトップ10に食い込んでいる。
 
[2018W杯出場国・選手輩出クラブTOP10]
1位 マンチェスター・C 16名
2位 レアル・マドリー 15名
3位 バルセロナ 14名
4位 パリSG 12名
4位 トッテナム 12名
4位 チェルシー 12名
7位 バイエルン 11名
7位 ユベントス 11名
7位 マンチェスター・U 11名
10位 アル・ヒラル 9名
10位 アル・アハリ 9名
10位 アトレティコ・マドリー 9名

 それでは、最後にリーグ別の選手輩出数をまとめてみよう。
 
 大方の予想通り、プレミアリーグが1位に輝いた。2位のリーガ・エスパニョーラに43人差を付ける圧勝だ。いわゆる欧州5大リーグが順当に上位を占めている。
 
 残念ながら15名(日本代表8人、韓国代表5人、オーストラリア代表2人)を派遣するJリーグはトップ10圏外となった。

 
[2018W杯出場国・選手輩出リーグTOP10]
1位 プレミアリーグ(イングランド) 124名
2位 リーガ・エスパニョーラ(スペイン) 81名
3位 ブンデスリーガ(ドイツ) 67名
4位 セリエA(イタリア) 58名
5位 リーグ・アン(フランス) 49名
6位 ロシア・プレミアリーグ 36名
7位 サウジアラビア・リーグ 30名
8位 シュペルリギ(トルコ) 22名
9位 リーガMX(メキシコ) 22名
10位 リーガNOS(ポルトガル) 19名


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528237148
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:30)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.