常識的に考えた常識的に考えた
常識的に考えたの記事一覧

【医療】末期乳がん、免疫療法で完治 世界初の試験結果発表 「前代未聞」


18年06月05日 14:00

1: みつを ★ 2018/06/05(火) 07:19:37.24 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3177222?cx_module=latest_top

末期乳がん、免疫療法で完治 世界初の試験結果発表
2018年6月5日 6:32 発信地:パリ/フランス

【6月5日 AFP】進行性の乳がんを患い、化学療法が効かずにがん細胞が他の臓器に広がっていた女性患者に対し、免疫系に働きかける実験的治療を施したところ、がんが完治したとの研究結果を、米国の研究チームが4日発表した。

 女性は2年間にわたりがんのない状態を維持しており、研究チームはこの結果を末期乳がんに苦しむ患者の治療における「新たな免疫療法アプローチ」と説明。研究に関わっていない専門家からは、「胸躍る」結果だとの声も上がっている。

 免疫療法はこれまで、肺がんや子宮頸がん、白血病、メラノーマ(悪性黒色腫)、膀胱がん患者の一部で効果があることが示されていたが、腸がんや乳がん、卵巣がんでは突破口を開けていなかった。

 医学誌ネイチャー・メディシン(Nature Medicine)に掲載された論文によると、当時49歳だった患者の女性は、従来型の治療が何度も失敗したことを受け、臨床試験に参加。研究チームは、女性から免疫細胞の一種であるリンパ球を取り出し、調整を施した上で体内に戻す治療を施した。

 研究チームは、女性の腫瘍から取り出したリンパ球を調べ、がん細胞に反応するリンパ球の種類を特定。特定されたリンパ球は研究室で再活性化され、別の種類のがんに対する治療で効果が示されている免疫治療薬「免疫チェックポイント阻害剤」と共に体内に戻された。

 この方法により、「個人に合わせた」抗がん治療を実現し、「完全な腫瘍の退縮」につながったと、研究チームは述べている。カナダ・オンタリオがん研究所(Ontario Institute for Cancer Research)の専門家、ラースロー・ラドバーニ(Laszlo Radvanyi)氏は、同じくネイチャー・メディシン誌が掲載した解説記事で、女性が治療に対し示した反応は、ここまで進行した乳がんとしては「前代未聞」だと指摘している。(c)AFP/Mariëtte Le Roux

引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528150777/

続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:35)関連記事
【医療】10代へのタミフル投与を再開へ 
【医療】“1日1万歩で健康”はウソだった!奇跡の「中之条研究」で判明
【医療】「低炭水化物(ローカーボ)ダイエット」は危険 コメを主食とした日本食が健康に良い 医師会と米穀団体が警鐘
【医療】「尿を調べてがん発見」世界初の実証実験へ 日立が研究 研究者「医療費削減にもつながり社会的意義大きい」
【医療】「病名言いづらい」男性の乳がん、悩み抱え孤立 女性からの視線に傷つくことも 男性患者、2004年から10倍に
【医療】「頭皮の脂を取れ」「血行をよくしろ」 間違いだらけの薄毛治療★2
【医療】がん 治療受けていない高齢者が年々増加
【医療】がんの原因、3分の2は「DNAの複製ミス」。米研究グループ
【医療】がんの正体は「真菌感染」 ついに謎解明か
【医療】がんの正体は「真菌感染」 ついに謎解明か
【医療】ちぎれた臓器ピタッ「夢の生体接着剤」 剥がすのも簡単 岡山大が開発
【医療】つらいガンの放射線治療はもう要らない ロシアの研究者がより有効な「プロトン光線治療法」を開発
【医療】なぜ日本はがんの死亡率が増加しているのか?
【医療】よく怒る人が薄毛になりやすい理由
【医療】アメリカ人の3分の1が糖尿病かその予備軍であると判明 およそ1億人  CDC報告書
【医療】アルツハイマー治療薬を使って歯を自然再生、英研究者が成功
【医療】コンタクト外さず脳死判定か 眼球摘出 医師が気付かず
【医療】ゴージャスな目薬は無意味で危険 かえって角膜損傷や緑内障、ドライアイ悪化の恐れ
【医療】スマホを使うほど学力が低下、脳にもダメージ!? 医師会の「スマホ注意ポスター」はツッコミどころ満載だ!
【医療】ネコと会話せよ!猫とのおしゃべりに健康効果あり うつの患者も明るく改善

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.