マジキチ速報マジキチ速報
マジキチ速報の記事一覧

輸入キムチにくっついてくる寄生虫は髄膜炎、てんかんの発作、視力低下を引き起こしたりするらしい


18年06月05日 09:15

majikicjisokuho

輸入キムチに寄生虫 髄膜炎、てんかんの発作、視力低下の危険性
1:名無しさん@涙目です。
2018/06/03(日) 19:19:19.43 ID:JnyToe920.net
BE:878978753-PLT(12121)

「輸入キムチなどには有鉤条虫がいることがある。虫自体はすぐに死ぬので問題ありませんが、卵はわりと丈夫で、
食べた後に体内で生き残っていた卵が孵化すると大脳に向かう。てんかんの発作を引き起こしたり、視力を低下させたりします」
 突然歩けなくなったり視界が消えたりと、日常生活を脅かすような症状につながることもあるという。

 魚にも肉にも野菜にも、寄生虫による食中毒の恐れがあるが、だからといって食べてはならないというわけではない。
適切に調理をすればいいだけだ。寄生虫を殺すには、原則として熱を加えてから食べることだ。

「加熱する場合は、煮るのが一番ですね。焼いたり炒めたり、また炙ったりしただけの場合にはムラができたり、
中までしっかり火が通らないこともあるからです」(同前)

※一部抜粋 全文はソースで


https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-036500/

引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528021159
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:80)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.