痛いニュース痛いニュース
痛いニュースの記事一覧

亡くなった登山家・栗城史多さん、登山のプロに「99.999%無理。死ぬ」と警告されていた


18年05月22日 21:29

1 名前:名無しさん@涙目です。(茸) [CN]:2018/05/22(火) 13:51:24.82 ID:iK3RJcM40
1ここは30年間登山をしてきて、20年間登山雑誌にかかわってきたプロとして断言しますが、いまのやり方で栗城さんが山頂に達することは99.999%ありません。100%と言わないのは、明日エベレストが大崩壊を起こして標高が1000mになってしまうようなことも絶対ないとはいえないから言わないだけで、実質的には100%と同義です。このことを栗城さんがわかっていないはずはない。だから「嘘」だというのです。
(中略)
栗城さんがやろうとしているルートは、こういうところなのです。1シーズンに数百人が登るノーマルルートとは、まったく話が違うということをどうか理解してほしい。

栗城さんは世界の登山界的には無名の存在です。本当にこれを無酸素単独で登ったとしたら、世界の登山界が「新しい怪物が現れた」と仰天し、世界中の山岳メディアが取材に殺到し、「登山界のアカデミー賞」といわれる「ピオレドール」の候補ともなるはずです。

難病を克服した感動ノンフィクションを読んで、それがじつは作り話だとわかったら、それでもあなたは「希望を与えられたからよい」といえますか。あるいは、起業への熱意に打たれて出資したところ、いつまでも起業せず、じつは起業なんかするつもりはなかったことが判明したら。「彼の熱意は嘘だったが、一時でも私が感動させてもらったことは事実だ」なんて納得できますか。

つまり、嘘によって得られた感動は、どんなに感動したことが事実であったとしても、そこに価値などないのです。結局、「だまされた」というマイナスの感情しか最終的に残るものはない。これでは、登山としてはもちろん、ショーとして成立しないじゃないですか。

もうひとつ、嘘がいけない理由があります。どちらかというと、こちらのほうが問題は大きい。それは、栗城さん自身が追い込まれていくことです。応援する人たちは「次回がんばれ」と言いますが、このまま栗城さんが北壁や西稜にトライを続けて、ルート核心部の8000m以上に本当に突っ込んでしまったら、99.999%死にます。それでも応援できますか。

栗城史多という不思議2 2017年6月9日金曜日

https://www.moriyamakenichi.com/2017/06/blog-post_9.html?m=1
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:857)関連記事
亡くなったおばあちゃんから貰った財布をずっと使っていたんだけど彼氏が…
亡くなったおばあちゃんがくれた財布に彼がコーヒーをこぼした→「新しいのを買ってやる」と言われたが、「洗うからいいよ」と断った結果…
亡くなったと聞いていた旦那の元奥さんが生きていた。ある日、息子が「お母さんに会いたい」と言い出したので…
亡くなったらあの世があると思ってる頭お花畑wwwwwwwwwwww
亡くなったノーベル平和賞の劉暁波氏の妻が行方不明  代理人や友人も妻と連絡が取れず
亡くなったペットから毎朝メッセージが届くサービスが話題に「ママはよくやってくれたよ。自分を責めないで」
亡くなったペンギンのグレープ君、最期は恋したキャラに看取られながら旅立つ。 献花台には吉崎先生のイラストも
亡くなった兄の嫁と結婚したけど
亡くなった兄の嫁と結婚したけど質問ある?
亡くなった叔父は糖尿病で失明したら妻に離婚された
亡くなった叔父は糖尿病で失明したら妻に離婚された
亡くなった夫が残した手紙「僕はあなたより先に行く。存分にお洒落をして遊んで下さい。僕はあの世から見守っています」
亡くなった嫁の日記に「病気になったのが息子や娘、旦那じゃなくて良かった。私で良かった」と綴られていた
亡くなった将棋が好きだった方々も天国で今の将棋ブームを嬉しく思ってるのかしら
亡くなった彼女をすごく大事にしてた彼。ついていけなくなって別れを切り出したら「タヒんだ人間に嫉妬なんておかしい!彼女との愛は永遠だけどこの世の愛情はお前にあげてるだろ!」
亡くなった母が2000万近い借金をこさえていたことが判明。どうすんの…
亡くなった母に似ていた嫁と結婚。幸せな結婚生活を送っているが…
亡くなった母の携帯に「母さんがいたら何を言ってくれた?寂しくてたまらない」とメールを送ったら・・・
亡くなった渡瀬さんの出演していた警視庁9係のラストシーンに涙(´;ω;`)
亡くなった父から不動産や証券を引き継いだが、親戚の慶事仏事を賄っているので大して残らない。嫁が管理して支払うというが…

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.