ねたAtoZねたAtoZ
ねたAtoZの記事一覧

スズキ、ロングキャビンの新型軽トラ「スーパーキャリイ」を発売 安全装備も充実


18年05月16日 23:00

1:自治郎 ★:2018/05/16(水) 21:27:41.32 ID:CAP_USER9.net
スズキは、広い室内空間を実現するロングキャビンや、軽トラック初の前後誤発進抑制機能を採用した新型『スーパーキャリイ』を5月16日より発売する。

スーパーキャリイは、標準仕様に比べ、キャビンを後方へ460mm拡大し広い室内空間を実現。運転席はクラストップのリクライニング角度最大40°とシートスライド量180mmを実現し、大柄な人でもゆとりある姿勢で運転ができるほか、仕事の合間の休憩時間も、手足を伸ばしてゆったりと車内でくつろげる。

座席後方には高さ920mm×横幅1235mm×長さ250mmのシートバックスペースを確保。荷台に置けない貴重な工具、雨に濡らしたくない衣類や食品、大事な書類など、さまざまな収納に活用できる。また全車、標準仕様に比べ120mm高い全高1885mmのハイルーフ仕様とすることで、余裕の頭上高を確保するとともに、ファイル等の収納に便利なオーバーヘッドシェルフを標準装備する。さらに助手席前倒し機構をクラス初搭載。助手席背面には、外出先でのデスク作業や食事等に活用できるシートバックテーブルを採用する。

キャビンの延長により、荷台フロアは短くなるところだが、スーパーキャリイは荷台床面をキャビン下まで伸ばしたレイアウトを採用し、長尺物を積載できる荷台フロア長1975mmを確保。脚立や草刈り機、オートブリッジ、コンパネなども積載できる。

さらに先進安全技術も装備。四輪ABSの標準装備とともに「誤発進抑制機能」「後方誤発進抑制機能」の両方を軽トラックに初採用。また、運転席・助手席SRSエアバッグの標準装備とともに、軽量衝撃吸収ボディ「TECT(テクト)」や、サイドドアビームを左右2本ずつ採用するなど、衝突時の高い安全性も追求している。

ラインアップは、エアコン、エアバッグなどを装備するベースグレードの「L」、さらにキーレスエントリーやフォグランプを追加した上級グレードの「X」の2種類。ボディカラーはブラック、ホワイト、ブルー、シルバー、アクアメタリックの5色を設定する。価格は97万4160円から133万9200円。

スズキでは新型スーパーキャリイの発売にあわせて、「キャリイ」にも誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を標準装備(KX、特別仕様車KCスペシャル、農繁スペシャル)したほか、メーカーオプション設定車を増やし、安全装備の充実を図った。

2018年5月16日(水) 17時03分
https://response.jp/article/2018/05/16/309737.html

スーパーキャリイ



































【自動車】スズキ、ロングキャビンの新型軽トラ「スーパーキャリイ」を発売 安全装備も充実
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526473661
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:103)関連記事
スズキ、150cc新型ロードスポーツバイク「ジクサー」を発売
スズキ、4~12月期連結決算の純利益は過去最高の1333億円
スズキ、GSX-Sシリーズ新型モデル「GSX-S125・ABS」を発売
スズキ、“ネオレトロ”な新型「SV650X ABS」を発売
スズキ、「GSR250」2017年モデルを発売…カラーリングを変更
スズキ、「GSX250R」を4月17日に発売
スズキ、「Vストローム250」に衣類が損傷し火傷するおそれ
スズキ、「Vストローム250」後付用品のトップケースプレートに自主改善
スズキ、「アドレス110」にスロットルを操作できずエンジン回転が下がらないおそれ
スズキ、「スズキ春のバイクまつり2018」を開催
スズキ、「始業前の5分間体操」に賃金支払わず労基署から是正勧告
スズキ、今期営業利益9.1%減予想。研究開発費増と円高で
スズキ、始業前にタダで体操や朝礼をさせていたので叱られる。 今後は賃金発生へ
スズキ、始業前にタダで体操や朝礼をさせていたので叱られる。 今後は賃金発生へ
スズキ、始業前にタダで体操や朝礼をさせていたので叱られる。 今後は賃金発生へ
スズキ、新型125ccスクーター「スウィッシュ」を発表
スズキ、新型「GSX-R1000R ABS」を発売
スズキ、新型「ワゴンR」の5速MT車を発売www
スズキ、新型スポーツバイク「GSX-R125」を発売

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.