痛いニュース痛いニュース
痛いニュースの記事一覧

卒業式に袴姿が人気…も、「着られない子のことを考えて!」自粛を呼びかけ


18年03月16日 22:14

1 名前:名無しさん@涙目です。(catv?) [MX]:2018/03/16(金) 09:37:07.32 ID:bdJ0Ga/g0
1別れの季節の風物詩ともいえる女子学生のはかま姿。大学の卒業式では以前から定番だったが、最近は小学校の卒業式でもみられるようになってきた。ただ、「一生の思い出になる」という声の一方で「レンタル料が高く、着られない子は寂しい思いをするのでは」などと心配する意見もある。

◆予約いっぱい
名古屋市西区の会社員女性(41)は二十日の卒業式に備えて、長女(12)の着物とはかまのレンタルを十カ月も前に申し込んだ。レンタル料は六万円。最近は一万円ほどでもあるが、刺しゅう入りなどは値が張る。髪のセットも必要だが、美容院に行くとさらに一万円ほどかかる。「たった一日のために何万円もかけるのはどうか」とも思ったが「門出の日くらい、好きな服を着させてあげたい」という気持ちが勝った。

値段以上に驚いたのが人気ぶりだ。昨年五月で既に、人気の柄は予約済みばかり。当日の着付けも朝の五時台しか空きがなかった。結局、着付けの仕方を店に教わり、髪のセットと一緒に自分ですることにした。

同市天白区の写真スタジオ「アクエリアス」でも、記念撮影と貸し出しをしている。料金は三万~五万円だが、用意した百人分が昨年三~四月でほぼ予約済みとなった。和服レンタルの京都さがの館新宿店(東京都新宿区)も、今年は昨年の五倍にあたる約五十人が予約した。

「五年生のときに、一学年上の子のはかま姿を見てあこがれる子が多い」と、同店店長の井出千栄子さん。児童向け雑誌に特集が載ったことや、競技かるたを描く漫画「ちはやふる」の影響もあって、ここ数年で人気が高まったという。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2018031602000003.html
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:406)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.