U-1速報U-1速報
U-1速報の記事一覧

森友文書の詳細発覚で『財務省の解体が不可避な情勢になる』凄まじい状況に。財務省の独断だった模様


18年03月12日 13:47

1:名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US]:2018/03/12(月) 12:30:44.55 ID:BYcOfQto0 BE:135853815-PLT(12000)

森友文書書き換え 削除部分に昭恵夫人の名前も 財務省が与党幹部に報告

 財務省は12日午前、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書に書き換えがあったと、与党幹部に報告した。書き換えがあったのは、平成28年6月に森友側と国有地の売買契約を結ぶ際の決裁文書に添付した調書など14の文書で、時期は国有地売却問題発覚後の昨年2月末以降だと説明した。与党幹部によると、削除部分には森友側の発言として安倍昭恵首相夫人の名前もあったという。財務省は本省幹部や近畿財務局職員の懲戒処分を検討している。

 野党は書き換えの動機や指揮系統などの解明に加え、麻生太郎副総理兼財務相の辞任を求めるなど反発を強めている。

 財務省の太田充理財局長や富山一成理財局次長らは12日朝から与党幹部を個別に訪問し、関係者の聞き取り調査などの結果を報告した。交渉の経緯に関し「本件の特殊性」「特例的な内容」といった文言のほか、複数の政治家の秘書らの働きかけも削除されていたとみられる。財務省は首相官邸や麻生氏の指示は否定したもようだ。

 菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で麻生氏の進退について「いま財務省あげて調査をしており、はっきりすべく指揮を執っていただくべきだ」と述べた。

 衆参の官房副長官は同日午前、衆参の与党国対幹部に状況を報告。自民・民進両党の参院国対委員長は国会内で会談し、午後1時に参院予算委員会理事懇談会を開き財務省から正式に報告を受ける予定を確認した。その後の野党によるヒアリングでは、財務省への厳しい追及が予想される。

 この問題では、書き換えられた文書が開示された当時の財務省理財局長で、その後国税庁長官に就いた佐川宣寿氏が9日に引責辞任した。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は12日午前、国会内で記者団に「財務省だけで判断することは絶対にない。政府全体の責任は極めて重い」と語り、佐川氏の証人喚問を求めた。公明党の国対会合では幹部が「野党は麻生氏の首を狙ってくるが、阻止するように」との声も上がった。

http://www.sankei.com/politics/news/180312/plt1803120026-n1.html



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:254)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.