U-1速報U-1速報
U-1速報の記事一覧

米朝会談の電撃発表は『実は安倍首相のシナリオ通りだった』と専門家が断定。日本の外交戦略の勝利だ


18年03月11日 06:32

1:(^ェ^) ★:2018/03/10(土) 20:04:37.93 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180310-00000867-fnn-int

9日、電撃的に発表された米朝首脳会談。トランプ大統領がこの決断に至る過程で、日本政府が主導的役割を果たしてきたことがわかってきた。

世界をあっと驚かせた、「米朝首脳会談」という衝撃の発表から一夜。日本時間の10日未明、アメリカ・ホワイトハウスが、発表後初めて記者会見。

ホワイトハウス・サンダース報道官は「大統領は、北朝鮮による具体的な行動を確認しないかぎり、会談はしない」と述べた。

首脳会談の開催は、「北朝鮮が具体的な行動をとることが前提だ」との考えを示し、北朝鮮側にくぎを刺した。

一方、その北朝鮮。金委員長が求めたという首脳会談について、大きくアピールするかと思いきや、10日朝の労働新聞は、会談について何も触れず。

逆に、「アメリカの強権と横暴を絶対に許せない」とする、いつも通りのアメリカ批判の記事を掲載していた。

そうした中、自身のツイッターに「北朝鮮との取引成立に向け、まさに作業が進められているところだ。成立したら、世界にとって非常に良いものになる」と投稿した、トランプ大統領。

今回の米朝首脳会談に至る過程で、日本が蚊帳の外に置かれていると懸念する声も出ているが、首相官邸を取材している、フジテレビ政治部の千田淳一記者はこれを否定する。

政治部 官邸担当・千田記者は「今回の米朝会談へという流れは、実は、日本政府のシナリオ通りでもある。日本が主導して、アメリカと韓国を動かして、圧力を強めてきたという経緯がある。日本政府は、1カ月以上前から、北朝鮮が折れてくると読んでいて、平昌(ピョンチャン)オリンピック後に、トランプ大統領と安倍首相が、事前に直接会談するということは、すでに決まっていた。トランプ大統領の方から、安倍首相に『グッドニュースがある』と伝えてきたのをみると、2人がこうしたシナリオを共有していたとみることもできる。日本としては、今後もアメリカに積極的に働きかけて、拉致問題の進展にも結びつけることを狙っている」と話した。

実際、安倍首相は、これまで「圧力を最大限まで高め、北朝鮮の側から『政策を変えるから対話をしてほしい』と言ってくるような状況を作っていかなくてはならない」と話していて、まさにその通りになったとも言える。

今回の機会を利用し、拉致問題の解決に結びつけたい日本政府。しかし、何をするかわからない2人の会談だけに、今後もシナリオ通り運ぶかは不透明。



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:156)関連記事
米朝会談で『史上最も情けない理由』で破綻寸前に追い込まれている模様。関係国がとっばちりを受けまくり
米朝会談で『金正恩が”安倍首相の圧力”に屈服していた』と暴露された模様。従来の見解を翻す
米朝会談での合意を『専門家が一刀両断して完全否定する』惨事が発生。半島の習性は救いようなし
米朝会談による最強伝説更新に『中国人が歓声を上げる』凄まじい状況に。テレ東の名声は海外にも鳴り響く
米朝会談に歓喜する親北派米国人に『CNNが激しく困惑する』珍光景が爆誕。なんとおかしな世界なのか
米朝会談の中止受け、米大使館前で抗議デモ=韓国ソウル
米朝会談の前日に『米国務大臣が直撃弾を北朝鮮に打ち込む』凄絶な展開に。無条件降伏以外ありえないから
米朝会談の広報動画に『韓国人記者が思わず愕然とする』喜劇が発生。韓国の主張をガン無視していた
米朝会談の直前で『半島情勢が”ある意味で最悪の展開”を迎えた』と専門家が示唆。既に半島勝利の図式ができた
米朝会談の直前に『トランプが金正恩に最後通牒を突きつける』クライマックス状態に。即時降伏を迫っている
米朝会談の破綻で『韓国が”見るも情けない醜態”を晒す』珍事が発生。米韓会談でなにも知らされていなかった
米朝会談の破綻に『朝日新聞が”情けなさすぎる醜態”を晒して』読者の嘲笑の的に。蚊帳の外じゃなかったのか?
米朝会談の結果、北朝鮮の復興費用、日韓で半々の折半だってよ
米朝会談の結果に『パヨク陣営が”勝利”を確信する』凄まじい展開に。勘違い認識にツッコミが殺到
米朝会談の結果に『有田芳生が”物凄い発狂ぶり”を見せて』周囲が騒然。予想以上に荒れている模様
米朝会談の議題に『安倍首相が影響力を発揮しまくっていた』と確定した模様。拉致問題にもきちんと言及
米朝会談の電撃決定に『中国が予想以上の醜態を晒す』凄まじい情勢に。蚊帳の外にされたのは衝撃的だ

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.