U-1速報U-1速報
U-1速報の記事一覧

米朝会談の電撃決定に『中国が予想以上の醜態を晒す』凄まじい情勢に。蚊帳の外にされたのは衝撃的だ


18年03月10日 18:32

1:豆次郎 ★:2018/03/10(土) 14:28:55.05 ID:CAP_USER

3/10(土) 12:46配信
日本・中国当局は電撃的な朝米首脳会談の話に慌ただしく動いた。両国ともに北核解決過程で疎外される「日本パッシング」「中国パッシング」を懸念する雰囲気が感じられた。

安倍晋三首相は9日午前8時50分ごろ、トランプ大統領の電話を受けて「トランプ-金正恩会談」について知った。安倍首相の4月の訪米はこの時に電撃的に決定した。4月の南北首脳会談と5月の朝米首脳間「核談判」の前に急いでトランプ大統領に会い、北核対策に日本の立場を反映しなければいけないという安倍首相の焦燥感からだ。

安倍首相はこの電話会談の後、記者らに「(通常国会で)予算を処理した後、4月中にも訪米して首脳会談をすることにした」と述べた。時期は4月初めになる可能性が高い。

日本政府のブリーフィングによると、安倍首相はトランプ大統領との電話会談で「連絡をもらったことに感謝する。非核化を前提に対話を始める北朝鮮の変化を評価する」としながらも「こうした北朝鮮の動きは大統領と私自身が緊密に連携して実施してきた最大限の圧力の成果」と述べた。安倍首相が「北朝鮮が完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)のために具体的な行動をとることが必要だ」と話すと、トランプ大統領は「(経済的)制裁と軍事的圧力を今後も続けていくのは当然のこと」と強調した。

安倍首相は記者らに「日本と米国は今もそうであるように今後も100%共にするという点にも一致した」と伝えた。

中国外務省の耿爽報道官は「韓半島(朝鮮半島)の核問題が解決に向けて正確な方向に進んでいる」と歓迎の意を公式的に表明した。しかし人民日報の姉妹紙・環球時報は歓迎しながらも中国の利益を守ることが重要だとし、複雑な心境を表した。

環球時報はこの日午後、電子版に掲載した社説で、「大国として中国はいわゆる北朝鮮の『米国依託』を懸念する必要はない」とし「中国は情勢の急激な変化に積極的に対応し、北朝鮮との関係を改善して情勢が良い方向に発展するよう強く支持しなければいけない」と北朝鮮への影響力強化を主張した。

中国ネットユーザーは「朝米会談は衝撃的」とし、北朝鮮が中国の脅威になることを懸念した。中国ネットユーザーは在中米国大使館がウェイボー(中国版ツイッター)に載せた朝米首脳会談関連発表文に数百件の書き込みをした。この中には「韓国と南北・米国が同時に軍事訓練をすることになるだろう」というコメントもあった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00000005-cnippou-kr



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:124)関連記事
米朝会談で『史上最も情けない理由』で破綻寸前に追い込まれている模様。関係国がとっばちりを受けまくり
米朝会談で『金正恩が”安倍首相の圧力”に屈服していた』と暴露された模様。従来の見解を翻す
米朝会談での合意を『専門家が一刀両断して完全否定する』惨事が発生。半島の習性は救いようなし
米朝会談による最強伝説更新に『中国人が歓声を上げる』凄まじい状況に。テレ東の名声は海外にも鳴り響く
米朝会談に歓喜する親北派米国人に『CNNが激しく困惑する』珍光景が爆誕。なんとおかしな世界なのか
米朝会談の中止受け、米大使館前で抗議デモ=韓国ソウル
米朝会談の前日に『米国務大臣が直撃弾を北朝鮮に打ち込む』凄絶な展開に。無条件降伏以外ありえないから
米朝会談の広報動画に『韓国人記者が思わず愕然とする』喜劇が発生。韓国の主張をガン無視していた
米朝会談の直前で『半島情勢が”ある意味で最悪の展開”を迎えた』と専門家が示唆。既に半島勝利の図式ができた
米朝会談の直前に『トランプが金正恩に最後通牒を突きつける』クライマックス状態に。即時降伏を迫っている
米朝会談の破綻で『韓国が”見るも情けない醜態”を晒す』珍事が発生。米韓会談でなにも知らされていなかった
米朝会談の破綻に『朝日新聞が”情けなさすぎる醜態”を晒して』読者の嘲笑の的に。蚊帳の外じゃなかったのか?
米朝会談の結果、北朝鮮の復興費用、日韓で半々の折半だってよ
米朝会談の結果に『パヨク陣営が”勝利”を確信する』凄まじい展開に。勘違い認識にツッコミが殺到
米朝会談の結果に『有田芳生が”物凄い発狂ぶり”を見せて』周囲が騒然。予想以上に荒れている模様
米朝会談の議題に『安倍首相が影響力を発揮しまくっていた』と確定した模様。拉致問題にもきちんと言及
米朝会談の電撃発表は『実は安倍首相のシナリオ通りだった』と専門家が断定。日本の外交戦略の勝利だ

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.