U-1速報U-1速報
U-1速報の記事一覧

TPPの正式署名で『韓国が”好き勝手な言い分”を垂れ流して』日本側が辟易。加入権があると認識している模様


18年03月09日 12:34

1:荒波φ ★ :2018/03/09(金) 08:53:00.30 ID:CAP_USER

米国を除いた日本とオーストラリアの主導で11カ国が包括的および先進的な環太平洋経済連携協定(CPTPP)に8日、チリで正式署名した。

CPTPPは米国抜きの環太平洋経済連携協定(TPP)加盟国である日本、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、メキシコ、チリ、ペルー、シンガポール、ベトナム、マレーシア、ブルネイなどが参加するアジア・太平洋地域のメガ自由貿易協定(FTA)だ。

昨年1月、米国がTPPから公式離脱して以来11カ国間TPPの発効に向けて議論した結果、昨年11月CPTPP発足で合意し、1月最終合意に達して今回の正式署名が行われた。

韓国は米国がTPP交渉に参加していた2013年末、追加加盟に対する関心を公式表明したが、当時既存の参加国が「早期妥結に集中」を理由に追加加盟を許さなかった。昨年1月に米国がTPPから公式離脱したが、米国が最近協定の参加に復帰する可能性が取り上げられ、韓国も加盟を再び検討する必要があるという声が出ている。

韓国産業通商資源部のカン・ソンチョン通商次官補は8日、通商推進委員会実務会議を開いて「今後政府は11カ国のTPP発効に関する動向を綿密に点検し、『通商条約の締結手続きおよび履行に関する法律』に従って国益を最大化する方向でTPPに加盟するかどうかを年内にも決める計画」と明らかにした。


2018年03月09日07時37分
http://japanese.joins.com/article/372/239372.html?servcode=300§code=300&cloc=jp|main|top_news



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:387)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.