哲学ニュースnwk哲学ニュースnwk
哲学ニュースnwkの記事一覧

【歴史】恐るべき大器晩成「北条早雲のすごい生き様」 50歳過ぎて無名の武人から戦国武将に急成長


18年03月06日 08:00

1: みつを ★ 2018/03/04(日) 05:55:05.68 ID:CAP_USER9
http://toyokeizai.net/articles/-/210309?display=b

2018年03月03日
富増 章成 : 学びエイド鉄人講師

40代が近づくと「ああ、そろそろ人生も後半かな」などと感じる人もいるかもしれません。ですが、今は人生100年時代。まだまだ未来の可能性は無限にあります。
それを体現しているのが、北条早雲。今よりもずっと寿命の短い戦国時代において、なんと55歳から活躍をはじめて戦国大名になったという超大器晩成の人物です。
もちろん現代とは「時代が違う」わけではありますが、彼の生き方には今にも通じる普遍的な「大器晩成のヒント」がちりばめられています。北条早雲とは、いったいどんな人物だったのか、『超訳 戦国武将図鑑』などの著書を持つ富増章成氏が解説します。
無名の人物から最初の戦国大名となった北条早雲

定年やら年金やらに思いを馳せたり、急に新しいこと(英会話など)を始めては挫折したり……。40代以降というのは迷走しがちな、なかなか難しいお年頃です。しかし、北条早雲は、55歳になってからメキメキと力をつけていき、なんと無名の武人(単なる浮浪人という説もある)から、戦国大名になった人物です。今でいえば、平社員がいきなりベンチャー社長になり、あっという間に成功、関東圏を制覇したというような感覚でしょうか。

北条早雲は、最初の戦国大名とされています。しかし、40歳までは何をしていたのかまったくわかっておらず、その出自も不明という謎めいた人物です。もともとは伊勢新九郎(いせしんくろう)、宗瑞(そうずい)という名でした。ちなみに、鎌倉時代に執権の北条氏が権力を握りましたが、その「北条」とはなんの関係もないので、「後北条氏(小田原北条氏)」といって区別されています。
(リンク先に続きあり)
250px-Soun_Hojo_portrait
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:152)関連記事
【歴史】 世界最大の水中洞窟でマヤ文明の神殿を発見 1万2千年前の遺物や古代ゾウの骨も
【歴史】10年前の日本人に伝えてもまず信じて貰えないことwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
【歴史】140年を経て米国から日本に帰還!「吉田松陰の形見である短刀」
【歴史】〈考察〉史上最も意味のない戦いとは?
【歴史】「ノルマンディー上陸作戦」の写真が4,000枚公開される
【歴史】「従軍慰安婦」の強制連行も、差別もなかった 最後の証人が語る、日本の朝鮮統治の「真実」
【歴史】アイヌ民族の伝承とされた「恋マリモ伝説」、実は大阪の男性の創作だったことが判明wwww
【歴史】バブル景気からもう30年近いという現実
【歴史】バブル景気からもう30年近いという現実
【歴史】バブル景気からもう30年近いという現実
【歴史】ヘンリー・S・ストークス氏「欧米の侵略を日本だけが撃破した」「中韓の反日は“奇蹟の国”日本への嫉妬である」
【歴史】人魚伝説?鍋島家ゆかりの寺に謎の掛け軸。佐賀市
【歴史】南北戦争の剣における聖杯…「失われた剣」が発見される!!!
【歴史】博士課程の学生が発見! ピラミッドより1万年も古い集落がカナダにあった
【歴史】坂本龍馬(1836~67)が兄・権平の家族に宛てた手紙が新たに6枚見つかった!!!
【歴史】日本空襲の新たな米軍映像を入手、「紫電改」が攻撃受ける空中戦も。豊の国宇佐市塾が公開
【歴史】旧日本海軍「伊58」か?!海底に突き刺さった潜水艦発見!!!
【歴史】本物か?国宝の金印「漢委奴国王」で研究者が激論。福岡市博物館
【歴史】武田信玄 男性同士の色恋の痕跡を残す珍しい手紙が存在

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.