黒マッチョニュース黒マッチョニュース
黒マッチョニュースの記事一覧

【ヒュンダイ】韓国・現代車、スーパーカー事業に参入…BMW出身役員を招聘


18年03月02日 23:00

1 名前:ばーど ★:2018/03/02(金) 16:42:47.98 ID:CAP_USER9.net

トーマス・シュミエラ副社長
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180302-00000026-cnippou-000-view.jpg


現代自動車が高性能ラインナップ「N」シリーズとモータースポーツ事業を担当する「高性能事業部」を新設したと1日、明らかにした。BMWから新しく迎えたトーマス・シュミエラ副社長(56)が新しい事業部を指揮する。シュミエラ副社長はBMWで高性能ブランド「M」シリーズの南北アメリカ事業総括役員を務めた。

現代車は昨年、最初の「N」シリーズモデル「i30N」を欧州市場で出し、韓国国内では「ベロスターN」の発表を控えている。「N」は現代車のグローバル研究開発(R&D)センター「ナムヤン研究所」、そして極限の走行コースであり「N」シリーズの走行性能試験場所の独ニュルブルクリンクサーキットの頭文字から付けられた名称だ。高性能事業部はまず「N」シリーズの市場定着に集中する。このため現代車内の複数の部署に散在していた高性能車事業商品企画および営業・マーケティングを一つにまとめた。

現代車は数年前から高性能ラインナップ構築に注力している。この市場を通じてブランドイメージを高めるほか、技術的な側面でも欠かすことができないという判断のためだ。鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長は1月に米ラスベガスで開催されたCESで「高性能車は人々のロマンであり、(電気自動車時代にも)高性能市場は続くため、我々には絶対に必要」とし「高性能車は過酷な環境でテストされるため、ここで得られる技術を一般車に取り入れればシナジーも大きい」と述べた。

モータースポーツ関連組織も該当事業部にまとめた。現代車は「世界ラリー選手権(WRC)」「TCRインターナショナルシリーズ」などラリーとサーキット大会で優秀な成績を収めている。また、2016年9月から全世界のレーシングチームを対象にラリー用自動車「i20 R5」を販売中であり、昨年11月に「i30 N」を基盤に製作されたサーキット用自動車「i30 N TCR」を発表した。

一方、現代車は今回、シュミエラ副社長まで迎え、高性能車部門でBMW Mシリーズ出身のベテランラインナップを構築することになった。2014年に合流したアルバート・ビアマン社長は元BMW M研究所長で、BMW Mブランド総括デザイナーだったピエール・ルクレア常務も現在、起亜車デザインセンターでスタイリングを担当している。

シュミエラ副社長もBMWだけで30年間勤務した高性能車マーケティング・営業専門家だ。1997年にBMWドイツ市場営業・マーケティングマネジャーとして販売関連の業務を始めた。

シュミエラ副社長は「現代車がi30 Nとレース用自動車を通じて見せた技術力は、高性能車事業を始めたばかりの会社で製作された車とは信じがたいほど完成度が高い」とし「高性能車事業の成功のためにすべての力を注ぐ計画」と述べた。

3/2(金) 13:48
中央日報日本語版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000026-cnippou-kr


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1519976567
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:69)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.