ねたAtoZねたAtoZ
ねたAtoZの記事一覧

<貴乃花親方の「胸中」>裁判も辞さず!


18年01月12日 09:03

1:Egg ★:2018/01/12(金) 07:45:32.42 ID:CAP_USER9.net
「これからは粛々と、法的に進めていきます」

 1月4日に開かれた日本相撲協会の臨時評議員会の後、貴乃花親方(45)は疲れた様子で、“今後”についてそう「胸中」を打ち明けたという――。

 角界を揺るがす大騒動に発展した元横綱・日馬富士による貴ノ岩への暴行問題は、どうやら法廷で決着をつけることになりそうだ。

「親方は’17年12月28日の相撲協会臨時理事会の前から、『処分の内容次第で裁判を起こす』と言っていました。結局、その臨時理事会でも4日の評議員会でも親方の意見は一顧だにされず、『理事解任』という重い処分が下されたわけですから、親方の気持ちに変わりはない」

 そう語るのは、臨時評議員会が開かれた翌5日、理事解任処分が下された直後の貴乃花親方と電話で話したという有力支援者である。

 裁判を起こすとなれば、愛弟子である貴ノ岩に暴行を加えた日馬富士への損害賠償請求になるだろう。

「日馬富士にももちろん怒っていますが、親方がもっとも『許せない』と感じているのは、横綱・白鵬です」

 本誌1月5日発売号で掲載した通り、昨年の初場所13日目が終わった’17年1月20日夜、白鵬は付き人を使って貴ノ岩に電話をかけている。この時、白鵬は星ひとつの差で稀勢の里を追っている状況だった。着信があった際、すぐに「八百長の依頼だ」と察知した貴ノ岩は電話に出なかった。

「それを根に持った白鵬が日馬富士と共謀して暴行事件を起こしたと、親方は確信しています。だからこそ、『自分は暴行を止めた側だ』という態度を貫いている白鵬に怒っており、日馬富士を訴えることで、真実を明らかにしたいと考えているんです。白鵬がこのまま口を閉ざし続けるなら、親方は絶対に日馬富士との示談には応じない」

 一方、貴乃花親方の話に聞く耳を持たず、「事件を報告しなかった」というだけの理由で理事解任を決議した相撲協会に対してはどうか。

「協会にも頭に来ているのは確かです。4日の臨時評議員会にも、親方は呆きれ返っていました」

 1月14日に初場所が開幕した後も、貴乃花親方vs.相撲協会&白鵬の場外乱闘はまだまだ続きそうだ。

 FRIDAY最新号では、臨時評議員会の舞台裏や貴乃花親方の今後の動きについて詳しく報じている。

1/12(金) 7:31配信 フライデー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180112-00010000-friday-spo
【大相撲】<貴乃花親方の「胸中」>裁判も辞さず!
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515710732
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:43)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.