ネトウヨにゅーす。ネトウヨにゅーす。
ネトウヨにゅーす。の記事一覧

【韓国】文大統領、映画見てまた泣いた


18年01月09日 12:00

1: たんぽぽ ★ 2018/01/08(月) 15:17:24.49 ID:CAP_USER
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/08/2018010800854.html

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、ソウル市内の映画館「CGV竜山」で、1987年1月の「ソウル大生・朴鍾哲(パク・ジョンチョル)さん拷問致死事件」と同年6月の民主化運動「6月抗争」を描いた映画『1987』を鑑賞した。鑑賞後、文大統領は2016-17年のろうそくデモを「ろうそく抗争」と呼び、1980年の光州民主化運動(光州事件)、87年の「6月抗争」からつながる出来事として評価した。

 文大統領は治安本部の拷問で死亡した朴鍾哲さんの兄・ジョンブさん(60)さん、拷問に関する警察の情報を外部に伝えた元永登浦刑務所看守ハン・ジェドンさん(71)、延世大学総学生会長だった与党「共に民主党」禹相虎(ウ・サンホ)議員、出演者キム・ユンソクさん、カン・ドンウォンさんらと一緒に映画を見た。文大統領は映画鑑賞後、舞台に立ち、「最も心に響いたセリフは『それで世の中が変わるでしょうか』だった」「つらい民主化闘争の時期、あの言葉が我々(民主化運動をしている人々)をひどく苦しめた」「ろうそく集会の時もあの言葉を聞いた。今も『政権が変わったからと言って世の中が変わるだろうか』と言う人がいることも知っている」と述べた。

 文大統領は「(1980年の光州民主化運動を描いた)『タクシー運転手 約束は海を越えて』という映画で見た世界を6月抗争で終わらせ、政権交代ができずに悔いが残った6月抗争を完成させてくれたのがろうそく抗争だ」「我々が頑張れば世の中は変わるだろう」「映画を見ている間、ずっと泣いていて、非常に胸が締め付けられた」とも言った。文大統領は昨年8月に映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』を見たほか、『王になった男』『国際市場で逢いましょう』『パンドラ』を鑑賞した時も涙を流した。

引用元: ・【韓国】文大統領、映画見てまた泣いた[01/08]

(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:33)関連記事
【韓国】 19日のセウォル号引き揚げ、気象悪化で4月に延期
【韓国】 2017年、日本が問われる「韓国の見捨て方」~反米・反日の加速は「凶」だが、「中吉」への努力惜しむな
【韓国】 3・1記念日に釜山で「少女像を守る千の椅子」行事、その後、日本領事館を回る平和行進
【韓国】 AKB48 峯岸みなみ、チャン・グンソクに関する発言に批判殺到、TwitterやInstagram炎上
【韓国】 BJミンソンが日本で罵倒された「京都嫌韓事件」後の日本人の反応「本当に申し訳ない。代わりに謝ります」(動画)
【韓国】 「THAAD配備は北朝鮮にとって恩恵、目的は日本防衛」~チョ・ミョンギュン統一部長官候補の発言が波紋
【韓国】 「『少女像守り』大学生は無罪、屈辱的な韓日合意責任者に処罰を」~市民団体、大使館占拠裁判判決に無罪主張
【韓国】 「もう時間がありません」日帝強制動員被害者、韓国大法院に最終確定判決を促す呼びかけ
【韓国】 「キャンドル」が与えた力、国民と共にある~ムン・ジェイン大統領、「今年の人」に選ばれる
【韓国】 「トヨタ、コマツも戦犯企業だから投資するな」という国会議員~日本を訪れた韓国人は全部「売国奴」なのか
【韓国】 「トランプ大統領、日本だけに行きたかったが、周りに説得されて訪韓することに」~マイケル・グリーン教授「
【韓国】 「パン・ギムン落馬」を惜しむ日本、なぜ?~慰安婦合意、継承する唯一の候補者消滅を憂慮
【韓国】 「フェイクニュース」を大量生産する韓国メディア~標的は米国と日本、このままでは国を滅ぼす逆賊になるかも
【韓国】 「プラス政治」で国難克服する2018年にしなくては~平昌五輪前に慰安婦問題、祭りに自ら冷水/中央日報社説(2)
【韓国】 「ヘル朝鮮」の海外旅行ラッシュ~我々は本当にそれほど不幸なのか
【韓国】 「マウンドに太極旗を刺す行為はナンセンス」と思う韓国人も~「反日」教育に韓国人が本音
【韓国】 「ルーヴル美術館は韓紙に夢中」「世界の博物館の復元に使われる和紙をすべて韓紙に変えたい」 キム文化財復元士
【韓国】 「ワザとか?」「報復だろ」~ムン大統領の顔を字幕で隠した日本のテレビ番組
【韓国】 「乃台事件」をご存じですか?~釜山抗日学生義挙77周年記念式開催
【韓国】 「事なかれ主義」でよいのか~米国の嫌韓教師と文大統領の訪中成果

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.