ねたAtoZねたAtoZ
ねたAtoZの記事一覧

<外国人には理解できないシーズンがやってきた!>日本勢トップは5位…マラソンを軽視する駅伝大国ニッポン


17年11月13日 14:04

1:Egg ★:2017/11/13(月) 13:16:33.76 ID:CAP_USER9.net
外国人には理解できないシーズンがやってきた。

 12日に行われたさいたま国際マラソンは、2020年東京五輪の女子マラソン代表を決めるグランドチャンピオンシップ(GC)のキップがかかっていた。日本人のトップは岩出玲亜(22)の5位。2時間31分10秒の記録は、GCキップが得られる2時間29分00秒には遠く及ばなかった。

 岩出がゴールした直後、東日本女子駅伝が福島県(福島市)でスタート。千葉県が2年ぶり9度目の優勝となった。ちなみに、8月の世界陸上マラソン代表だった清田真央(24)と安藤友香(23)は、4位の静岡代表としてこっちを走っていた。

 国内の駅伝は、10月末の全日本大学女子対校選手権から本格的なシーズンに入った。来年元日の全日本実業団対抗(男子)まで、東日本女子、全日本実業団対抗女子、全国中学、全国高校、全日本大学女子選抜など大会が目白押し。

 今月26日には、全日本実業団対抗女子駅伝が控えるため、さいたま国際にはマラソンの有望選手が毎年出場しないのだが、五輪や世界選手権の種目でもない駅伝が、五輪代表につながるマラソン大会より重要視され、大いに盛り上がっていることが「理解できない」という外国人は少なくない。

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーはさいたま国際マラソンの結果について「(岩出は)風が強く、高低差のある難しいコースで頑張ったという評価をしているが、2時間29分00秒はクリアしてほしかった。これでは世界に太刀打ちできない」とボヤいた。

 岩出の持ち時計は2時間24分38秒。さいたまのコースなら、この記録が精いっぱい。それより瀬古リーダーは、26日の全国大会のために女子選手をマラソンに出さない実業団の監督にこそ文句を言うべきだ。

11/13(月) 12:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000011-nkgendai-spo
【陸上】<外国人には理解できないシーズンがやってきた!>日本勢トップは5位…マラソンを軽視する駅伝大国ニッポン
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510546593
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:50)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.