ネトウヨにゅーす。ネトウヨにゅーす。
ネトウヨにゅーす。の記事一覧

18~29歳の若者、比例区自民は61% 加計問題の元閣僚ら安定した戦い 底堅い


17年10月13日 00:30

1: 壁に向かってアウアウアー ★ 2017/10/12(木) 14:24:17.93 ID:CAP_USER9
http://www.asahi.com/articles/ASKBB5DMZKBBUZPS007.html?iref=comtop_8_03

10、11日の調査対象となった有権者のうち、安倍政権の5年間を「評価する」は43%、「評価しない」は41%。投票態度を明らかにした人では、「評価する」人の68%が比例区で自民に投票すると答えたのに対し、「評価しない」人の投票先は立憲27%、希望26%、自民18%、共産14%などと各党に分かれた。

 自民が、若年層の支持を集めているのも最近の特徴だ。安倍政権の5年間を「評価する」との回答は、18~29歳で53%、30代では49%に達しており、若い年代ほど「評価する」が多い。

 このほか比例区で自民に投票するとの回答は、18~29歳で61%に、30代では50%に上る。14年衆院選の序盤調査と比べてわずかに減ってはいるが、他党を引き離していることに変わりはない。

■加計問題の元閣僚ら安定

 自民は、安倍政権が加計(かけ)学園問題で野党の追及を受けたり、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題で不祥事が明るみに出たりしたものの、当事者の政権幹部や前閣僚らの多くが安定した戦いをみせ、底堅さが表れている。

 今回の調査対象となった144選挙区をみると、加計問題で関与が指摘された萩生田光一・党幹事長代行(東京24区)がリード。この問題の対応に直接関わった前文部科学相の松野博一氏(千葉3区)と、前地方創生担当相の山本幸三氏(福岡10区)も優勢だ。

引用元: ・18~29歳の若者、比例区自民は61% 加計問題の元閣僚ら安定した戦い 底堅い

(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:36)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.