フットボール速報フットボール速報
フットボール速報の記事一覧

ドルトムントで苦境の香川をドイツ地元紙「定位置はベンチ。需要ない」


17年09月13日 02:30

1 名前:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/12(火) 23:44:29.11 ID:CAP_USER9.net

第3節フライブルク戦でベンチ入りも今季初の出番なし、指揮官は新戦力FWを投入

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は9日のブンデスリーガ第3節フライブルク戦(0-0)でベンチ入りしたものの、今季リーグ戦で初めて出番なしに終わった。左肩脱臼の影響で出遅れた香川だが、ドイツ地元紙「ルールナハリヒテン」では「定位置はベンチ。香川はボス監督の下でまだ需要がない」と日本の背番号10の苦境が特集されている。

 開幕戦のブレーメン戦を3-0、第2節ヘルタ・ベルリン戦を2-0で制し、開幕2連勝と順調なスタートを切ったドルトムント。敵地に乗り込んでのフライブルク戦では、自陣に引いて守りを固める格下相手に大苦戦。相手は退場者を出して数的優位に立ったものの、最後までゴールを割ることができずにスコアレスドローに終わった。ペーター・ボス監督は香川ではなく、新戦力のウクライナ代表FWアンドレイ・ヤルモレンコをピッチに送り出すなど手を打ったが、狙った結果を手にすることはできなかった。

 DFBポカール1回戦も含め、開幕から公式戦3試合連続で途中出場を続けてきた香川は出番なしに終わった。負傷でプレシーズンをリハビリに費やしたマイナスからのスタートだったとはいえ、今季から指揮を執るボス監督の下では完全にバックアッパーの立ち位置に甘んじている。

 ルールナハリヒテン紙もそうした香川の苦境ぶりに着目。今夏にクラブとの契約を2020年まで延長したものの、「イングランドから戻って4シーズン目、香川はベンチに座り、サブとして数分間しかプレーできない状況だ」と指摘した。

 ただし、同紙は香川にも今後チャンスは訪れるだろうと分析している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170912-00010017-soccermzw-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505227469
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:46)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.