U-1速報U-1速報
U-1速報の記事一覧

ベルリン演説で文在寅が『米韓同盟を木っ端微塵に壊す』大暴言を吐いた模様。韓国憲法の前提条件を完全無視


17年09月12日 08:33

1:ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/:2017/09/11(月) 13:16:38.70 ID:CAP_USER.net

【大統領からみる韓国(5)】世界も驚愕…文氏“北(朝鮮)を守る”ベルリン構想 THAADも迷走

人前で“格好良さ”を演出することを好む文在寅(ムン・ジェイン)は20カ国・地域(G20)首脳会議出席ため訪れたドイツの首都ベルリンでも世界を驚かす「イベント」を用意した。

「南北(朝鮮)の平和・協力に寄与した功績」でノーベル平和賞を受賞した元大統領の金大中(キム・デジュン)がベルリンで演説を行ったことにならい、文は北朝鮮に対話を呼びかける「ベルリン構想」を発表した。

ところが、発表2日前の7月4日、北朝鮮は文をあざ笑うかのように大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行った。

「ベルリン構想」は修正を余儀なくされたが、それでも驚くべき内容が含まれた。

「私は、この場ではっきりと言う」と文は力を込めて言った。「われわれは北朝鮮の崩壊を望まない。いかなる形の吸収統一も推進せず、人為的な統一も追及しない」

1948年、建国とともに制定された韓国憲法は、その後9回の改正を行っているが、「大韓民国の領土は韓半島およびその付属島嶼とする」(第3条)となっている。つまり、統一は至上課題のはずだ。

ソース:産経ニュース 2017年9月11日 11時7分
https://news.infoseek.co.jp/article/sankein_wst1708170073/

続きます



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:240)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.