ガハろぐNewsガハろぐNews
ガハろぐNewsの記事一覧

【フィリピン】ドゥテルテ大統領の長男に麻薬組織関与疑惑


17年09月11日 20:00

1:曙光 ★2017/09/11(月) 16:47:26.18ID:CAP_USER9.net
家族思いのドゥテルテ比大統領、長男に麻薬組織関与疑惑

<ドゥテルテの長男と娘婿がよりによって麻薬の取引に絡んでいた? 入れ墨や売人と一緒の写真も出てきて、「少年でも容赦しない」と言ってきただけに対応が注目される>

フィリピンのドゥテルテ大統領の長男でミンダナオ島ダバオ市の副市長を務めるパオロ・ドゥテルテ氏(42)は9月7日、フィリピン議会上院の公聴会で宣誓の後、証言を行った。
そこで追及されたのはパオロ氏と、ドゥテルテ大統領の娘婿、義理の息子にあたるマナセス・カルピオ氏の2人が麻薬密売組織の犯罪に関与したのではないかという疑惑だった。


フィリピンではドゥテルテ大統領の強力な指導力の下、麻薬犯罪根絶を目指していわゆる超法規的殺人が続いている。
このため麻薬関連犯罪の容疑者のみならず、常習者や関係者まで多数が司法手続きによらずに射殺される事態が頻発、これまで殺害された麻薬犯罪関係者は数千人規模に及ぶといわれ、
国際的な人権団体、フィリピン国内のキリスト教組織や野党勢力から「深刻な人権侵害事件」との批判や糾弾を受けている。ドゥテルテ大統領はしかし、依然として80%近い国民の圧倒的な支持を背景に「さらに麻薬犯罪には強い姿勢で臨む」とその強硬姿勢を崩していない。

そのいわばドゥテルテ政権の実の息子、義理の息子が共に麻薬犯罪との関連で疑惑をもたれ、上院で証言する事態になり、ドゥテルテ大統領も困惑しているだろう。

疑惑の経緯は、8月にフィリピン税関の通関業者が中国からの輸入物資の積み荷から発見された覚せい剤であるメタンフェタミンの結晶を法律に基づいて処理しようとしたところ、パオロ氏とカルピオ氏の名前を耳にした、と上院で証言したことが発端となっている。


上院ではこの証言を手掛かりに2人がメタンフェタミンの結晶の積み荷を税関当局に圧力をかけるか、賄賂を支払って容易に持ち込めるように計らった容疑がある、として2人から直接証言を求めることになった。この時のメタンフェタミンの結晶は時価64億ペソ(約136億円)といわれている。

ootsuka1709111432-thumb-720xauto
上院公聴会で宣誓するドゥテルテの長男パオロ、娘婿のカルピオ。麻薬取引疑惑で証言した(9月7日)


続きはソースで
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/09/post-8419.php


2:名無しさん@1周年2017/09/11(月) 16:47:51.99ID:Qo5amd5r0.net
泣いて馬謖を斬れ


19:名無しさん@1周年2017/09/11(月) 16:51:22.50ID:dUcbEb1K0.net
>>2
やりかねんな


104: 2017/09/11(月) 17:15:35.42ID:adI92PTC0.net
>>2
これやったらもう誰も批判できないわ


続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:33)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.