【2ch】コピペ情報局【2ch】コピペ情報局
【2ch】コピペ情報局の記事一覧

子供銀行券をカラコピして援交相手に渡した男逮捕「なんでや!元々偽物やから通貨偽造にあたらんやろ!」


17年09月10日 16:31

1:名無しさん@涙目です。:NG NG
「子供銀行券」カラーコピーして女性に渡した男性逮捕、何がアウトだったの?

http://www.oricon.co.jp/article/298926/
実物(右上)と子供銀行券を比較

100円均一で購入したおもちゃの「子供銀行券(1万円札)」をカラーコピーしたとして、愛知県警中署は8月30日、名古屋市の男性を通貨及証券模造取締法違反容疑で逮捕した。
報道によると、男性が購入した子供銀行券は「縦50mm、横100mm」。これを実物大(縦76mm、横160mm)に拡大カラーコピーしたという。
男性は、名古屋市内のホテルで、封筒に入れたコピー5枚を「交際の対価」として女性に渡したが、別れた後に偽物と気づいた女性が警察に相談したことから発覚したそうだ。
本物のお札をコピーしたのならともかく、おもちゃのお金をコピーして逮捕されたのはなぜなのだろうか。ニセ札で人を騙したのなら「通貨偽造罪」や「詐欺罪」ではないのか。

●本物との類似性の度合いによって、「偽造」「模造」「適法」かが分かれる
「通貨及証券模造取締法」は、刑法上の「通貨偽造罪」などに該当するレベルに至っていないけれど、通貨や証券に紛らわしい物を作成した行為を取り締まるための法律です。
通貨偽造罪の「偽造」は、通貨の製造・発行権を有しない者が、真貨に類似した外観を有する物を作成したときに成立します。これに対し、通貨及証券模造取締法上の
「模造」は、一見すると真貨と誤認する余地を残しながら一般人の注意力をもってすれば真貨と誤認することのない程度の外観を有する物を作成したときに成立します。
なお、「偽造」した通貨を支払手段として使用したときは、偽造罪の他に「偽造通貨行使罪」が成立しますが、「模造」した通貨については、行使に関する罪が別途規定されていません。
※全文はソースで
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:144)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.