フットボール速報フットボール速報
フットボール速報の記事一覧

興梠のボレー弾で浦和が先制! ドルトムントに押し込まれるも前半1-0で折り返す フジテレビにて全国生中継


17年07月16日 06:30

1 名前:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/07/15(土) 20:05:29.98 ID:CAP_USER9.net

右サイドの関根が得たCKから、エースがワンチャンスを生かす

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと浦和レッズが激突する「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」は、CKから浦和のFW興梠慎三が先制ゴールを挙げ、ホームチームが1-0とリードしてハーフタイムを迎えた。

 ドルトムントは負傷中の香川がベンチスタートとなったが、ペーター・ボス監督はFWピエール=エメリク・オーバメヤンなど主力をスタメンのピッチに送り込んだ。スタメンに名を連ねたFWウスマン・デンベレは、試合直前の体調不良により急きょFWアンドレ・シュールレが左ウイングに入った。浦和はリーグ戦のベストメンバーをピッチに送り込んだ。

 試合は序盤からドルトムントが一方的にボールを保持して浦和をハーフコートに押し込む展開になった。前半14分には、MFゴンサロ・カストロのFKをDFマルク・バルトラが頭で合わせたが、ボールはクロスバーを直撃。先制点のチャンスを逸した。

 それでも、先にゴールを挙げたのは浦和だった。前半20分を過ぎてようやくボールを保持した浦和は、右サイドのMF関根貴大を使った攻撃でチャンスを生み出すと、そこから得たCKで得点を奪う。同24分、MF柏木陽介の右CKをFWラファエル・シルバが飛んだ裏に入り込んだ興梠がボレーで合わせてゴール。1-0とリードを奪った。

 その後もドルトムントがペースを握って攻め込んだが、シュールレが直接狙ったFKはわずかに外れ、CKからゴール前で放ったバルトらのシュートが枠を逸れるなど得点には至らず。浦和が1点リードのままハーフタイムを迎えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170715-00010016-soccermzw-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500116729
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:30)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.