芸能人の気になる噂芸能人の気になる噂
芸能人の気になる噂の記事一覧

真木よう子「ワロス」とネット死語


17年07月09日 11:30

1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/07/08(土) 11:30:10.83 ID:CAP_USER9

https://www.j-cast.com/2017/07/08302245.html?p=all

女優の真木よう子さん(34)がツイッターを開設したところ、「ワロス」など、今では使われなくなったネットスラングを使ったため、困惑するファンが続出している。

「ワロス」という言葉を生んだ「2ちゃんねる」でも真木さんのツイートが話題になっていて、ネットに慣れていないようで「恥ずかしい」などといった意見が出ているほか、過去に使われたネットスラング「漏れ」「キボンヌ」「逝ってよし」などを思い出す人もいる。

「Twitterとやら、始めました」

真木さんは2017年6月28日、

「Twitterとやら、始めました。初めまして。ワタクシ通り名真木よう子」
とツイッターを開設した。ネット上ではまず、この「通り名」というのはどんな意味なのか話題になったが、続いて何をつぶやけばいいか分からないとし、真木さん主演のフジテレビ系ドラマ「セシルのもくろみ」の撮影を話題にし、

「私扮する宮地奈央の私服は極めてダサい、一周回ってもやっぱりダサい。出オチ感半端ねぇyo、そこのみでいいから観てくれyo」
そして、

「本日も撮影なう。ワロス」
とつぶやいた。これに対しフォロアーから、

「言葉には気をつけて...」
とたしなめられ、

「了解です!バルスって言ったらいいかな??」
と返した。この「ワロス」というのは「2ちゃん」発祥のネットスラングで「笑った」という意味だ。そのため真木さんに「2ちゃんねらー?」といった疑いがかけられた。しかし、「ワロス」は10年くらい前に流行り、今では「死語」のようになっている。

ネットスラングも流行廃れがあるから難しい

当の「2ちゃん」でも真木さんのツイートが話題になり、

「無理してネットスラング使おうとして、思いきり滑ってる」
「ひと昔前によくいた、椎名林檎が好きな専門学校生が書きそうな文面」
「きっと今ごろ死にたくなるくらい恥ずかしがってると思う」
「年増のいい女がネットに馴染もうと頑張ってくれてんだから、大目に見てあげて」
などといった書き込みが出ることになった。

真木さんのツイートで過去に流行ったネットスラングを思い出す人も多くいて、

「はげどうとか言って欲しい希ガス」
「初心者は逝ってよし」
などといった書き込みが出たほか、「漏れ」「キボンヌ」「香具師」「オヌヌメ」といった言葉が出て、

「ネット用語も流行り廃りがあるし、定番になっただろと思ってたら、そうでもないのがあったりで難しいよなぁ...」
などといった感想も綴られた。

続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:71)関連記事
真木よう子(35) 「さらに大きな胸を見せて驚かせるよ」
真木よう子(38)とかいう即ハボおばさんwwww
真木よう子(38)とかいう豊満ボディwwwww
真木よう子vs上西小百合が大晦日リング対決実現かwwwww
真木よう子 コミケ参加中止を発表し謝罪「コミケもクラウドファンディングも知らず軽い気持ちで応募してしまいました」
真木よう子、ドラマの打ち切り危機に「向かい風上等」
真木よう子、ブチギレ!!!「お前、主演じゃないでしょ?」
真木よう子、激やせで映画降板…(画像あり)
真木よう子、独立後の現在
真木よう子「お前、主演じゃないでしょ?」 飲みの誘い断る後輩のウソに怒り
真木よう子「お前、主演じゃないでしょ?」飲みの誘い断る後輩のウソに怒り
真木よう子「コミケ参加しよ!!!大々的にやったろ!!!みんな喜ぶやろうなぁ!」
真木よう子「ワロス」Twitterでのネット死語発言にファンが困惑
真木よう子「ワロス」Twitterでのネット死語発言にファンが困惑
真木よう子「ワロス」Twitterでのネット死語発言にファンが困惑
真木よう子「伝説にはなると確信」
真木よう子「本物のFカップは、重力に逆らえず垂れるのが正常です」
真木よう子「芸能界に居場所がなくなった」
真木よう子がTwitterで土下座して懇願(画像あり)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.