U-1速報U-1速報
U-1速報の記事一覧

セウォル号の調査作業が『新たなミステリーを生み出す』想定外の展開に。なぜそこから見つかるんだ?


17年04月28日 09:47

1: 名無しさん 2017/04/28(金) 06:34:33.27 ID:CAP_USER

http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170427005400882&domain=6&ctype=A&site=0100000000

【木浦聯合ニュース】陸揚げされた旅客船セウォル号の船内捜索が開始されてから初めて行方不明者の持ち物が見つかった。セウォル号の現場収拾本部が27日明らかにした。

 現場収拾本部などによると、セウォル号4階の船首付近で男子生徒の制服の上着1点が見つかった。

 制服は修学旅行中に事故に巻き込まれた檀園高校(京畿道安山市)のもので、名札から行方不明の男子生徒、パク・ヨンインさんのものであることが分かった。制服の周辺に遺体はなかったという。

 2014年4月の事故の翌日にはパクさんのかばんが見つかり、学生証は遺体となって発見されたパクさんの友人の服から発見された。


 行方不明者の家族は木浦新港に用意された家族控室で待機しており、パクさんの制服の発見が遺体の収容につながることを期待して捜索の結果を待っている。

 現場収拾本部はこの日、パクさんの制服をはじめ、携帯電話3点、衣類9点、靴類9点、かばん類3点、電子機器3点の計28点を収拾した。

 セウォル号は2014年4月に韓国南西部の珍島沖で沈没し、今月上旬に木浦新港の埠頭(ふとう)に陸揚げされた。沈没事故では修学旅行中だった高校生ら295人が死亡、9人が行方不明のままとなっており、行方不明者の遺体が船内に残っている可能性がある。



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:304)関連記事
セウォル号が『遂に海面上に引き揚げられる』凄まじい光景が爆誕。既に肉眼で目視できる模様
セウォル号が『遂に船体を海面に浮上させる』最終段階に突入。全てが上手くいけば本日中に終わる
セウォル号で『原因不明の火災が発生して』船体作業が大混乱。理解不能な事態に日本側も困惑
セウォル号の事故調査で『予想の斜め上の新事件』がまた発生した模様。引き揚げが無意味だった可能性が浮上
セウォル号の内部捜索が『遂に本格的な成果を上げた』と韓国人大喜び。文大統領の初成果だと話題に
セウォル号の内部調査が『悲惨すぎる成果を達成して』関係者が絶望中。調査自体も遅々として進まず
セウォル号の内部調査が『色々な意味で混沌とした状況』に突入した模様。一体なぜそうなるんだ?
セウォル号の内部調査で『色々な意味で不可解な結果』が出まくりの模様。一体どうしたらこうなる?
セウォル号の回収作業が『公式に終了宣言が出されて』次の段階に移行。既に悪いフラグが乱立中の模様
セウォル号の回収作業が『最後の最後で躓く』微妙すぎる展開に。陸揚げ作業に失敗した模様
セウォル号の回収作業が『遂に成功して』夜を徹して作業を継続。色々と怖いフラグが乱立中
セウォル号の回収作業が『遂に最終段階に突入した』と関係者が前言。すべてが本日中に終わる予定だ
セウォル号の引き上げが中止に←遺族ブチギレだろ・・・
セウォル号の引き揚げ作業が『遂に完全終了して』中国企業もお役目御免。どうせすぐ飽きると日本側は指摘
セウォル号の沈没原因が『斜め上すぎる改竄を喰らって』責任問題に発展中。次期大統領がバカっぷりを発揮
セウォル号の現場でまた動物の骨を発見、家族たち嗚咽
セウォル号の緊急回収計画が『即座に破綻放棄される』斜め上の展開が発生。日本側は微塵も信じていない
セウォル号の調査で『普通はありえない事件が次々発生して』専門家が困惑。記録と証言が全く信頼できいない
セウォル号の豚骨騒動が『予想以上に根深い問題を抱えている』と専門家が指摘。不正な状況が申告されなかった

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.