ねたAtoZねたAtoZ
ねたAtoZの記事一覧

【情報戦】金正恩氏に「読唇術」解析…軍事パレードで「作り物のミサイルでも気づかないよな!」 「一本(本物)入ってるよね」


17年04月20日 17:01

1:チンしたモヤシ ★:2017/04/20(木) 16:32:50.44 ID:CAP_USER9.net
金正恩氏に「読唇術」解析…軍事パレードで「作り物のミサイルでも気づかないよな!」





正恩氏
「自然に見えるでしょ?ははは。あーいいね!これからも、こうやってだまし続けても気づかないでしょ。はは」
「一本(本物)入ってるよね」
「ミサイルで被せて、だましていかなきゃ」





とくダネ!2017年04月19日 (水)
http://blog.fujitv.co.jp/tokudane-official/E20170419003.html

度重なるミサイル発射実験などで、国際社会を挑発し続ける北朝鮮。この国のトップに立つ金正恩委員長は果たして、何を考えているのだろうか?「とくダネ!」は真相を探るべく、正恩氏が映っている映像のうち、口を動かしているものに読唇術を試みてみた。

11日の最高人民会議。ここでは部下をひざまずかせ、厳しい表情で何かを話し込む金正恩委員長の姿があった。この発言を読唇術で“読んで”みると…

■正恩氏「そういうのを生かしてやらなきゃ。それを早く作っておかなきゃ。そうじゃないと、我々がいくら進めても発展がない。わかったか!」

この通りの発言だとすると、どうやら、仕事の遅い部下を叱っているようだ。いったい何を急いでいるのだろうか。しかも、叱られている人物は、朝鮮労働党の副委員長。読唇術の内容を待つまでもなく、党の最高クラスの幹部を大勢の前でひざまずかせることは、自身の権威を見せつける効果があったかもしれない。

続いては15日に行なわれた軍事パレード。
パレードを見ながら、隣にいる首相に声をかけたところに読唇術を試みると…

■正恩氏「こんな感じでやろうとしたけど、余裕がないから。今回投入し、小型化した新型で試験発砲したが…こうやって、必ず0.2、0.7で速く発射できるのであれば…」

この通りの発言だとすると、全体を見ると兵器の小型化にまつわる発言のようだ。それも、スケジュールが計画通りに進んでいない様子がうかがえる。

続いては、金正恩氏が双眼鏡でパレードを見ていたシーンを解析。双眼鏡を使ったのは、パレードを通してこのシーンだけだ。この時行進していたのは、銃を持った部隊だったのだが…

■正恩氏「新型だね」

短い発言だが表情が明るい。この通りの発言だとすると、この新型の銃を見れたことが、よっぽどうれしかったのだと推測できる。

そして軍楽隊が演奏している場面では、軍の総参謀長と言葉を交わしていた。この会話を解析すると…

■正恩氏「自然に見えるでしょ?ははは。あーいいね!これからも、こうやってだまし続けても気づかないでしょ。はは」

この通りの発言だとすると「だまし続けても気づかない」という部分が気になる。これは一体何を意味しているのだろうか?専門家の推測は「パレードで演奏しているのは、軍人ではなくプロのミュージシャンなのではないか」というもの。レベルの高い演奏を海外にアピールするため、ミュージシャンに軍服を着せたことを「だまし」と表現していたのかもしれない。できて、喜んでいたのかもしれない。

このパレードでは、数々のミサイルもお披露目された。その際の、弾道ミサイル戦略軍の幹部との会話では、一瞬、耳を疑ってしまうような発言も読み取れた。

■正恩氏「作り物のミサイルでも気づかないよな!よくやった!」
幹部「いいえ」
■正恩氏「こうやって、この状態にして、全部外に出さなきゃ」
幹部「はい」

つづく >>2-5

関連記事
【情報戦】米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492666741/
【サビロネー】北朝鮮の核実験施設でバレーボール、衛星画像が米専門家驚かす
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492563977/
韓国の「4月27日危機説」新月の暗闇で米軍ステルス爆撃機が空爆しやすい 韓国政府は火消しに躍起
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1492326181/l50
3:チンしたモヤシ ★:2017/04/20(木) 16:33:19.78 ID:CAP_USER9.net
つづき >>1


この会話の直前、パレードに出てきたのは、新型ともいわれる大陸間弾道ミサイル(ICBM)だった。
この通りの発言だとすると、これは「本物のように見せたICBMの作り物で世界をだましている」という意味なのだろうか?
しかし専門家によると、こうした軍事パレードで、モックアップ(模型)をお披露目することは過去にもよくあったことだという。確かに、パレードの最中に事故が起きたり、攻撃されることを考えたら、本物のミサイルを表に出すのは危険なことなのかもしれない。するとこの発言は、この模型の出来栄えに満足している、ということなのだろうか。

しかし、それにしても、気になる発言はまだある。

■正恩氏「中に一つ入っているよね?」

この通りの発言だとすると、パレードに出てきた作り物のミサイルの中の1本は本物だったということだろうか?そして、その本物とは、パレードでいくつか出てきたミサイルのうち、どれを指しているのだろうか?

■正恩氏「ミサイルで被せて、だましていかなきゃ」

この通りの発言だとすると、「ミサイルで被せる」とは、どういう状況を示しているのか。

ミサイルについて「作りもの」「だます」と言っているかのような金正恩委員長。しかし、現実には北朝鮮が実験でミサイルを発射している。安心していいということにはならない。

小倉「だいたい、この軍事パレードで前面に出てきて、唇の動きを読まれることもあるわけだから、こういうことをうかつにしゃべるということは、委員長として失敗でしょうね」

今回、番組が行なった「読唇術」という試み。もし当たっていたとしたら、金正恩氏は驚くだろうか?
【情報戦】金正恩氏に「読唇術」解析…軍事パレードで「作り物のミサイルでも気づかないよな!」 「一本(本物)入ってるよね」
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492673570
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:231)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.