痛いニュース痛いニュース
痛いニュースの記事一覧

開発期間20年超えるRPGが2017年5月29日ついにリリース


17年04月18日 22:47

1 名前: シャイニングウィザード(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]:2017/04/18(火) 20:03:28.79 ID:76FzmGEQ0
1オーストラリアで20年以上にわたりゲームの自主制作を続けてきたクリーブ・ブレイクモア(Cleve Blakemore)氏の「Grimoire : Heralds of the Winged Exemplar」が,Steam Greenlightで多くの賛同を得て,2017年5月29日にリリースされることが発表された。

本作の舞台は,戦乱に明け暮れたHyperboreaという世界。いったんは魔の勢力の撃退に成功した地上の守護者,デミゴッドのWhite Owl(Winged Exemplar)は,二度と騒乱が起きないよう,

月の神からもらったアーティファクトClock of Fateを使って,時間を平和な時代へ巻き戻していた。 しかし,巻き戻しのリセットが刻一刻と近づく中,もう一度,時間を巻き戻すために必要な9つのタブレットの場所が分からなくなってしまった。プレイヤーは,1人の勇者として,9つのタブレットを探す旅に出ることになる。

シングルプレイ専用ゲームながら,すべてのコンテンツをプレイするには600時間以上かかるという膨大なコンテンツ量が特徴で,224種類以上のマップで構成される世界や,登場する240種のモンスター,そして64種のNPCはすべて手描きのアートワークで作られているという。

プレイアブルなクラスは15種類,プレイアブルな種族は14種類あり,最大で8人のパーティを組んで,144種類を超えるスペルや1000種類以上の武器やアイテムを使って,出会った敵とターン制のアクションが楽しめるとのこと。また,こうした物量だけでなく,ロックピックやパズルなどのシステムも用意されている。

http://www.4gamer.net/games/377/G037780/20170418047/
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:554)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.