痛いニュース痛いニュース
痛いニュースの記事一覧

亡き息子(18)のiPadロック解除要請、アップル社が拒否


17年03月30日 23:27

1 名前:スタス ★:2017/03/30(木) 13:35:29.15 ID:CAP_USER9.net
1今の時代、自分の遺志を手紙ではなくiPadに残すということもあり得るのだろう。しかしパスワード設定があるために、本人以外の誰かが見ようとしても不可能なところが手紙とは大きく異なる。このほど遺族らが故人のiPadのロック解除をアップル社に拒否されるという出来事が起こった。英紙『Daily Record』や『Metro』などが伝えている。

英ノースヨークシャー州ブロットンで昨年12月7日、リアム・ライトさんは18歳の若さでこの世を去った。悪性の骨肉腫で、それが分かった時はすでに末期であったという。リアムさんは自分の死期を悟った時、数年前に母のジェーンさんに買ってもらったiPadに遺書をしたためていた。

遺族は葬儀の手配を進める際にリアムさんの遺志を引き継ぎたいと思い、購入時にリアムさん名義で登録してあったiPadのロックを解除しようと試みたが、それは容易なことではなかった。

実はリアムさんが亡くなる2日前にiPadのアクティベーションロックが有効になり、また臥せっていたリアムさんはパスワードなどを口にすることはできないほどの状態になってしまっていたために、家族はリアムさんのiPadを開くことができなかった。そこで家族は、iPadのロック解除ができないことをアップル社に連絡した。

ところがこの切羽詰まった状況にもかかわらず、アップル社はリアムさんのiPadのロック解除を拒否し、死亡証明書と弁護士からの手紙を送付するように家族に伝えたのだ。弁護士の手紙をもらうため家族は120ポンド(約16,700円)の費用を支払わなければならなかった。それでも背に腹は代えられないとして弁護士の手紙をアップル社に送ったところ、不十分として今度は裁判所命令が必要だと要請して来たという。その費用は360ポンド(約5万円)もかかり、さらに弁護士は家族に「そこまでしたところで、裁判所命令は簡単には付与されませんよ」と伝えた。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12860331/
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:526)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.