U-1速報U-1速報
U-1速報の記事一覧

韓国K2戦車の量産計画が『原因不明の破綻頓挫を喰らう』悲惨な事態に。ドイツ製品に責任が押し付けられた模様


17年03月20日 01:47

1:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/03/19(日) 20:39:42.93 ID:CAP_USER.net

2017年3月17日、韓国・聯合ニュースによると、韓国国内技術で開発したK2(黒豹)戦車のパワーパック(エンジンと変速機)で欠陥が見つかり、本格生産のための手続きが中断している。

韓国防衛事業庁は17日、「K2戦車2次量産のための国防技術品質院の最初の製品検査の中、国産パワーパックでいくつかの欠陥が発見された」と明らかにした。

防衛事業庁は、「パワーパックに装着されたドイツメーカーZF社の一部構成部品に欠陥が発生し、品質検査を中断している」と説明した。問題の部品はパワーパックに入ったボルトで、ひびが入る現象を見せたことが分かった。

これによって、パワーパックの正常動作に必要な圧力が低下したというのが防衛事業庁側の説明だ。

問題を起こしたK2戦車は国産パワーパックを装着した2次量産分の最初の製品だ。軍当局は、K2戦車1次量産では、核心部品となるパワーパックをドイツ製にしたが、2次量産では韓国製パワーパックを装着することにした。

防衛事業庁の関係者は、「国産パワーパックを装着したK2戦車は戦闘用適合判定を受けた状態であるため、品質保証のプロセスと見ればよい」とし、「再発防止のためのさまざまな方策を検討中」と述べた。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは、

「開発費の一部を裏金に使ったから、実際の開発費用が不足して影響が出たんじゃないの」
「いろんな修正はあるだろう。ドイツや米国の技術力に追いつくのは容易ではない」
「独自開発する実力がないのであれば国産化にこだわらず、そのままドイツ製を使った方がよい」

などの声が寄せられているが果たして。

Record china 配信日時:2017年3月18日(翻訳・編集/三田)
http://www.recordchina.co.jp/b172599-s0-c10.html



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:209)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.