黒マッチョニュース黒マッチョニュース
黒マッチョニュースの記事一覧

はてな民 「『侍ジャパン』という呼称にしっくりこない。普通に野球日本代表でいいだろ」


17年03月19日 14:00

1 名前:フロントネックロック(鹿児島県)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/03/19(日) 11:56:58.86 ID:sqtfEVPa0.net BE:203070264-PLT(23736) ポイント特典


今回は、野球の男子日本代表チームは「侍ジャパン」という愛称で呼ばれているわけですが、
まあ、なんというか、「今の日本に侍なんていないだろ、外国人に『日本といえばフジヤマ、ゲイシャ』って
言われたらムカつくのに、なんで『サムライ』はOKなんだ?」とか思ってしまうのです。
そもそも、大部分の日本人(そして、代表チームの選手たち)の祖先は「侍」じゃなかったはずだし、
侍がえらい、すごいというのは身分制度を肯定していることになるのでは。
多くの時代において、侍というのは、農民や商人からの年貢や税で生きてきたにもかかわらず、
血統的に侍の子だというだけでの理由で、「偉い」とされてきた存在なわけです。
黒澤明の映画に出てくるような、弱者を助ける「カッコいい侍」というのは、「侍の歴史」のなかの、
ごく限られた期間の限られた地域に出現したものでしかありません。
むしろ、いま生きている大部分の日本人の祖先は、「侍に搾取される側」だったのに、
なぜこういう「侍ジャパン」という愛称を抵抗なく受け容れられるのか?
(「搾取」って言っても、必殺仕事人の中村主水さんみたいな感じ、「本人たちにも
そういう意識は無いまま、ゆるやかに寄生していた」というくらいなんでしょうけど)

もともとニックネームとか苦手なんですよね。
友達をニックネームで呼ぶのも勇気が要りました。
「なでしこJAPAN」とかも、なんだか口にするのが気恥ずかしかった。
サッカーの「ハリルジャパン」とかは、比喩が入っていないだけマシなのですが、
単に「日本代表チーム」じゃダメなのだろうか、とは思います。
個人的には、延々と「侍ジャパン」なんて呼ばれなければ、もっと素直に
応援できるのになあ、なんて、つい考えてしまうのです。
スポーツの代表チームの愛称に、その国を過去に支配していた、特定の階層の名前を
つけるのって、「あたりまえのこと」なのだろうか?

http://fujipon.hatenablog.com/entry/2017/03/16/120000


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1489892218
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:28)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.