黒マッチョニュース黒マッチョニュース
黒マッチョニュースの記事一覧

北朝鮮「アメリカよく聞け、日本を核の炎で焦土にするぞええんか?」


17年03月19日 12:00

1 名前:32文ロケット砲(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]:2017/03/19(日) 11:12:38.12 ID:TihmqvKN0.net BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170318/k10010916871000.html

米トランプ政権の北朝鮮政策見直し 核攻撃で焦土化と威嚇

北朝鮮の国営メディアは、アメリカのトランプ政権が北朝鮮政策の見直しを進めていることに対し、「先制攻撃しようとする動きでも見せれば、核攻撃で焦土化する」と威嚇し、武力行使も排除しない姿勢を示すトランプ政権をけん制する狙いがあると見られます。




18日付けの朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は、アメリカのトランプ政権が、武力行使を含めた北朝鮮政策の見直しを進めているとして、批判する論評を掲載しました。

論評は、「この20年でわれわれは東方の核強国、ミサイル強国にそびえ立った」としたうえで、韓国、日本、グアムにあるアメリカ軍基地と、アメリカ本土を核攻撃できる能力があると主張しました。
そして、「先制攻撃しようとするささいな動きでも見せれば、われわれの核攻撃が、侵略と挑発の本拠地を焦土化する」と威嚇しました。

アメリカのティラーソン国務長官は17日、北朝鮮政策の見直しをめぐって「すべての選択肢はテーブルの上にある」と述べ武力行使も排除しない姿勢を示していて、北朝鮮としてはトランプ政権のこうした姿勢をけん制する狙いがあると見られます。

一方で、論評は「アメリカが対決の歴史を振り返り教訓を求めようとすれば、外交的な交渉が可能かもしれない」とも伝え、トランプ政権の今後の出方を慎重に見極めようとしている北朝鮮の姿勢がうかがえます。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1489889558
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:72)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.