U-1速報U-1速報
U-1速報の記事一覧

パヨクの地裁襲撃が『バリケードで阻止されて』弁護士が激怒中。国は我々に恐怖しているのか


17年03月19日 11:32

1: マスク剥ぎ(茨城県)@\(^o^)/ [NL]:2017/03/19(日) 06:27:29.22 ID:UF1Exsji0.net BE:844481327-PLT(12345)

初公判が行われた那覇地裁の玄関前には鉄柵のバリケードが敷かれ、地裁職員や警察官が監視する物々しい雰囲気に包まれた。詰め掛けた市民からは「過剰警備だ」との声が上がった。

2月24日にあった3人の釈放を求める集会では、集会後に市民ら数百人が地裁敷地内になだれ込んだ。

※当日の動画 音量注意



地裁は「円滑に裁判を進めるための警備だった」とコメントした。

名護市辺野古の新基地建設に反対する女性(65)=那覇市=は、バリケードを見て「(2月は)敷地内で歌を歌うなど静かな集会だった。裁判所は市民の進入を警戒していると思うが、異常な光景」と眉をひそめた。三宅俊司弁護士は「弁護士になって30年余り。裁判所入り口にバリケードを作り警備したことは一度もなかった。裁判所が私たちを怖がっているということは、国も怖がっているということだ」と訴えた。

一方、傍聴券の抽選は、地裁近くの中央公園で行われた。22枚の傍聴券を巡り381人が詰め掛け、倍率は17・3倍だった。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/89114

img_fb9cd1cabef645ad93a5a38e00f2d4d2109674


続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:140)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.