黒マッチョニュース黒マッチョニュース
黒マッチョニュースの記事一覧

【経済】助けて!スバルが売れ過ぎてヤバイの!主力の米国市場、在庫適正化に目を光らせる


17年03月17日 23:01

1 名前:ニライカナイφ ★:2017/03/17(金) 14:59:09.47 ID:CAP_USER9.net

◆スバルに売れすぎリスク 主力の米国市場、在庫適正化に目を光らせる

「これがスバルの販売店?と目を疑うくらい立派な建物だった」。
北米営業を担当する執行役員の早田文昭は苦笑いする。

富士重工業にとって未開拓地区だった米国南部の有力ディーラーがスバル車のディーラー権を獲得。
ここ5年ほどで真新しい販売店がいくつもできた。

スバル車は米国で16年に9年連続で前年販売を上回った。
商品、マーケティング、販売戦略がうまくかみ合いスバルブランドは全米に浸透。
従前から販売シェアが高い米北部だけでなく南部でもシェアを伸ばした。

「全米ディーラーは約620店舗とここ数年同じだが顔ぶれは変わった」(早田)。
スバル車はもうかる―。米国ディーラーの共通認識だ。

「販売台数は未達で全然かまわない。在庫が増えすぎるほうが怖い」。
スバル車の米国販売が大きく伸びる中、富士重社長の吉永泰之はスバル車の在庫動向に神経をとがらせる。

スバル車はここ数年の急激な販売拡大により、在庫が極端に少ない状況が続いた。
車の値引きに相当するインセンティブ(販売奨励金)は業界平均を大きく下回る。
中古車の下取り価格も高く、スバル車の需要を喚起し、高い利益率となる好循環を生んでいる。

極端な車の玉不足は販売機会の損失につながるため、米国工場では16年春から18年度にかけて能力増強を進めている。
ただ車を作りすぎて在庫が増えると次第に奨励金で台数をさばくようになる。
富士重が強みとしてきた従来のビジネスモデルが崩れる恐れがある。

在庫を余分に持っていないか―。
米国販売会社スバルオブアメリカは米国ディーラーの現場に目を光らせる。

米国市場はガソリン安の影響でセダン系車種からスポーツ多目的車(SUV)、ライトトラックに人気がシフト。
新型「XV」の投入も控え、SUVの販売比率が高い富士重にとって追い風が続く。

“売りたい”ディーラーをマネジメントし在庫適正化を維持できるか。
売れすぎリスクとのにらみ合いが続く。

写真:昨年11月から米国で生産を始めた新型「インプレッサ」と吉永社長
http://i.imgur.com/esjavZe.jpg


ニューススイッチ 2017年03月15日
http://newswitch.jp/p/8307


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489730349
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:122)関連記事
【経済】 東芝買収、「有力候補は韓国企業」に心中穏やかでない日本~かつて技術流出でシェアを韓国に奪われたトラウマが
【経済】"バブルピーク並み"の求人倍率で賃金上昇の兆し
【経済】1000円カットQBハウスの上場が「期待外れの幕開け」公開価格を6%も下回る
【経済】2017年の電子コミックス販売額、紙の単行本を初めて逆転
【経済】24時間営業に「黄信号」…コンビニ大手、人手不足が深刻化
【経済】2月からの出玉規制を前に、2017年のパチンコホール倒産が前年比2.4倍と急増 大型倒産も発生
【経済】3大メガバンク、預金者から口座維持手数料の徴収を検討 マイナス金利政策の影響重く★3
【経済】3月輸入野菜 13年ぶり13万トン超 ハクサイ18倍キャベツ4倍 中国産敬遠薄れる
【経済】6月1日から一斉値上げ ビール、酎ハイ、タイヤ、電気、ハガキ… オートバックス3時間待ち
【経済】8月の有効求人倍率は1.52倍 バブル期越えの高水準
【経済】Amazonが攻勢、楽天ピンチ 三木谷社長「楽天を倒すため採算を度外視している」
【経済】Amazon配送料上げ、物流コスト転嫁…購入2000円未満対象
【経済】AMDがCPU販売シェアでIntelを抜く 直近10年で初めて
【経済】Huawei「優秀な人材が欲しければ、それに見合う対価を払う」「日本から人を引き抜くときは3000万円くらい」
【経済】LGBTイベント参加企業激増 グーグル、GS、野村証券、アマゾン、ソニー、パナ、三菱UFJ銀… 顧客、社員として重要なLGBT
【経済】ODA、2017年は米、独に次ぐ3位
【経済】PS4の販売が振るわないソニー、米紙が2018年の「PS5」発売を予想
【経済】R32 GT-RにセリカXX… 憧れだった名車たちの中古車相場を徹底調査
【経済】YouTuberの平均給与「月747万円」算出にネット衝撃
【経済】“再起は絶望的”といわれたマクドナルド、なぜ奇跡的な復活を遂げられたのか?

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.