哲学ニュースnwk哲学ニュースnwk
哲学ニュースnwkの記事一覧

災害時に役立つアウトドア知識


17年03月17日 18:00

1: 急所攻撃(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/05/16(月) 22:19:40.58 ID:63xizjvg0 BE:736790738-PLT(12000) ポイント特典
久しぶりに昔のboketeみたら抜け出せないんだが・・・
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5187615.html
災害時に役立つアウトドア知識 多摩川河川敷で防災キャンプ

 災害時に役立つアウトドア知識を学ぶ「防災キャンプ」が十五日、川崎市多摩区の多摩川河川敷で開かれた。
横須賀市の寒川一さん(52)が講師を務め、親子連れなど百六十人が、水のろ過方法やチャック付き保存袋で
ご飯を炊く方法を学んだ。

 寒川さんが経営する防災プログラム企画運営会社「ステップキャンプ」(東京都杉並区)、川崎市内でまちおこし
イベントを企画する一般社団法人「カワサキノサキ」(田村寛之代表)などが主催。

 河原で小石や木切れを拾うところからスタート。
底を切り取り、ふたに小さな穴をいくつか開けたペットボトルを逆さにして小石、炭、布を敷き、川の水をろ過した。
「牛乳パックにはロウが塗ってあり、着火剤代わりになる」という寒川さんの説明に、参加者は納得の表情をみせた。

 沸騰した湯の中に、米と普通に炊く分量の水を加えたチャック付き保存袋を入れると、十五分ほどで米が炊きあがり、
参加者がおにぎりにして食べた。
中原区の病院職員荒木亜紀子さん(40)は「アウトドアと防災が結び付かなかったのでためになった。たき火を
するための道具を買ってもいいかも」と話していた。

 防災キャンプは学校や町内会の防災訓練などでも開催している。
no title
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201605/CK2016051602000169.html
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:189)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.