哲学ニュースnwk哲学ニュースnwk
哲学ニュースnwkの記事一覧

お前らは戦略的に物事考えたりしてるの?


17年03月16日 20:00

1: 栓抜き攻撃(茸)@\(^o^)/ [US] 2017/03/16(木) 09:42:49.38 ID:1jdD8dVG0 BE:155743237-PLT(12000) ポイント特典
犬は人に「戦略的なウソ」をつく、実験で証明
2017.03.16

イヌは経験を通じて学習し、戦略的にウソをつくことができるという論文が、
学術サイト『Animal Cognition』に発表された。

スイス、チューリッヒ大学の研究者マリアン・ヘバーライン氏は、
自分の飼いイヌたちがとる奇妙な行動に興味をもった。1匹がもう1匹の注意をそらし、
その隙に相手の寝床を奪おうとしたのだ。これを見たヘバーライン氏は、
イヌは人間に対してもこうした狡猾な行動をとるのだろうかと考えた。


利益が最大になる戦略を選ぶ

論文に記載された実験は以下のようなものだ。
イヌは見知らぬ2人の人間とパートナーとなる。2人のうち1人はごほうびをくれる「協力的」な人物、
もう1人はイヌにごほうびを見せた後、そのまま自分でキープしてしまう「非協力的」な人物だ。

次に、パートナーの人間をごほうびの入った箱に連れて行くよう、イヌに教える。
イヌが人間を箱まで連れて行くと、協力的な人物はイヌにごほうびを与えるが、非協力的な人物は与えない。

こうした段階を踏んだ後、イヌの前に3つの箱を提示する。1つ目の箱にはおいしいソーセージが、
2つ目の箱にはソーセージほど好物でないビスケットが入っており、3つ目の箱には何も入っていない。
イヌはまずこの3つの箱のどれかに、2人のパートナーのうち1人を連れていくよう命じられる。
ただしこの作業の後、イヌは自分の飼い主を箱のそばへ連れていくことができる。
飼い主は残ったごほうびをすべてくれる設定だ。

2人のパートナーのうち1人をごほうびの入った箱へと導くよう命じられたとき、
イヌは「非協力的」な人物をいちばんおいしいソーセージの入った箱へは連れていかず、
たいていは何も入っていない箱へと導いた。これはつまり、自分がすべてのごほうびをもらえる唯一の方法は
、「非協力的人物」をわざと空の箱へ導くことだと、イヌが理解していたことを意味する。

(続きは以下ソース)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/031500098/
久しぶりに昔のboketeみたら抜け出せないんだが・・・
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5187615.html
戦略
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:111)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.