GEEK速報GEEK速報
GEEK速報の記事一覧

SHARP台湾人社長「2020年には一番遅れた国が、日本になっているかも」


17年03月16日 08:06

シャープ

1:名無し: ID:NrIhsI/f0.net BE:479913954-(1931)
Q 半年間、シャープを観察し、業績不振の原因はどこにあったと分析するか。

 戴社長 昨年の2月24日に発覚した3600億円の偶発債務問題が象徴的だが、ガバナンスが効いていなかった。
中国で乱発したリベートなどが原因だが、きちんとガバナンスが効いていればあんなことは起きない。

 太陽光パネル事業ではものすごく高い値段で材料の購入を決めていた。150億円の投資に専務のサイン一つで実行できた。

 今のシャープでこういうことは起きない。300万円から社長の私が決済しているからだ。
この半年で2000件の決済をした。業績が悪く、部門間の横展開がなかったため
(部品、装置、材料メーカーなどの)ベンダーとの間で不平等な契約を結ばされているケースもあった。ホンハイの購買力を使えばもっと有利な契約に変えられる。

 コスト意識も低かったと言わざるを得ない。この工場(堺工場)の中では社員がエスカレーターに乗っている。まるで、いま日本に来ているサウジアラビアの王様のようだ。

 Q もう液晶テレビで稼げる時代ではない。これからシャープをどういう会社にしていくのか。

 戴社長 IoTの会社に変える。先週、総務省に呼ばれ「第41回家電メーカー懇親会」という会議に出席した。
ソニーやパナソニックの社長も呼ばれていた。そこで私はパナソニックの津賀(一弘社長)さんに
「この名前は正しいのですか」と訪ねた。自分たちのことを「家電メーカー」と呼んでいるのはおかしいと思う。

 家電は家に帰ってスイッチを入れないと動かないが、IoTは利用者がオフィスから動かせる。
「もうすぐ故障するからパーツを替えましょう」という提案もできる。今、IoTの最先端は中国にある。
だからシャープは深セン*に研究・開発センターを設立した。富士康(フォックスコン=ホンハイの中国製造部門)の工場も目と鼻の先にある。

 ITの使い方において、日本はすでに先進国とは言えない。2020年にはIoTで一番遅れた国になっているかもしれない。
だから総務省も頭を痛めている。シャープはホンハイと力を合わせ、グローバルなIoT企業になる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00051223-gendaibiz-bus_all&p=2

*旧字
3:名無し: ID:QXeiggmK0.net
目の付け所がシャープだからな
4:名無し: ID:r3KQphXO0.net
こりゃパナもヤバイな
想像以上に国産電機メーカーって時代錯誤の成れの果てなんじゃね?
6:名無し: ID:YUZc+s5I0.net
今や国産信仰なんて宗教みたいなものだ
車はフォルクスワーゲン、スマホはHUAWEI、テレビはLGで問題ない
834:名無し: ID:A7gCG8uz0.net
>>6
国産だからとか国産じゃないからとか
そういう事を抜きにして
HUAWEIとか大丈夫なのか

こういう心配をしなくてすむように
機械の内容を解析して
意図しない動作をしない、という事を
証明してほしい
関連記事
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:64)関連記事

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.